セブンアイ、米コンビニを買収-1100店、約3700億円で

セブンアンドアイホールディングスは、コンビニエンスストアやガソリンスタンドを運営する「スノコ」(Sunoco LP、テキサス州)を買収することを発表した。

3700億円規模の大型買収-北米で1万店体制へ

スノコはガソリンスタンドを併設したコンビニエンスストアを運営しており、テキサス州を中心に1108店舗を運営する。
セブンアンドアイホールディングスは、セブンイレブンの米法人を通してこれらを約33億ドル(約3,700億円)で買収するという。
セブンイレブンは北米地区で8707店(2016年12月時点)を運営。
2019年度中に1万店規模に増やす計画を発表していた。

ニュースリリース:当社子会社による米国Sunoco LP 社からの一部事業取得に関するお知らせ
関連記事:サークルK・サンクス、約1000店を閉店へ
関連記事:三菱商事、ローソンを子会社化へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル