トーホー、業務用卸新業態「せんどば船橋店」6月20日開店-生鮮品を充実化

業務用食品卸大手のトーホーグループは、千葉県船橋市の船橋競馬場駅前に、新業態1号店となる「トーホーせんどば船橋店」を6月20日にオープンした。
トーホーせんどば船橋店。

食品調達から店舗運営支援まで対応-生鮮も導入

トーホーグループは1947年に藤町商店として佐賀県佐賀市で創業。
創業当初から続く輸入珈琲豆「toho coffee」の販売に加えて、業務用食品スーパー「A-プライス」「パワーラークス」、地域密着型食品スーパー「トーホーストア」を主力事業として手掛ける。
「トーホーせんどば船橋店」はホームセンターコーナン船橋花輪インター店(2015年開店、京成バス船橋営業所跡地)の1階に出店。トーホーの売場面積は500坪(約1,652㎡)。これに伴いコーナンは売場を2階に集約、業務用建材などを取扱う「コーナンPRO」の営業を終了した。
トーホーせんどばが出店するコーナン船橋花輪インター店。

「せんどば」はコンセプトに「プロの店舗スタッフがプロのお客様に食材を提供する」を掲げ、既存の業務用食品スーパー(「A-プライス」など)でも取り扱われる商材に加え、大田市場、船橋市場などで毎朝買付される生鮮食品(青果・鮮魚・精肉)、輸入食品など約6,200品目を取り揃えるなど品揃えの充実を図った。
また、業務支援・品質管理サービスや店舗内装デザイン設計・施工といった店舗運営サポートにも対応するなど、トーホーグループの総力を結集した店舗づくりを目指す。
店舗近隣にはヨークマート、ロピア(ららぽーと1階)、スーパーバリュー(ビビット南船橋1階)などの食品スーパーが営業しているが、業務用食品に特化した店舗はなく、飲食店経営者や大容量食品、輸入食品を求める消費者の需要開拓に繋がるであろう。

外部リンク:「ホームセンターコーナン船橋花輪インター店」オープン! – 京成電鉄
外部リンク:新業態店舗『せんどば-SENDOBA-』始動 – 株式会社トーホー
外部リンク:「トーホー せんどば 船橋店」オープン – 株式会社トーホー
関連記事:ジョーシン王子店、6月9日開店-上新電機の都内旗艦店、コーナンと共同出店

関連記事:ビックカメラ船橋東武店(仮称)、2017年秋開店-ビックカメラ2館体制に

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加