誠品信義店、2023年12月閉店-誠品書店の旗艦店、契約終了で

台湾・台北市信義区の台北101近くの統一国際大楼にある誠品書店・誠品生活を核とする大型複合書店「誠品信義店」が2023年12月に閉店する。

統一国際ビルの下層階に出店する誠品信義店。(台北市信義区)

アジア有数の大型書店だった

誠品信義店は2006年1月に開業。書店面積は約1,110坪、蔵書数は約17万冊で、アジアでも有数の大型書店で、日本語や英語の書店も多く販売されていた。
また、MIT(メイドイン台湾)雑貨をはじめ、文具や土産品、体験コーナーも充実しており、誠品敦南店が閉店した2020年からは24時間営業も実施されていた。

誠品跡、統一グループ出店-時代百貨・カルフールか?

閉店は契約満了のため。誠品書店は台湾の大手企業「統一グループ」の本社がある建物の下層階に出店。統一グループは、昨年12月には2023年6月までに誠品の所有する床を統一グループが引き継ぐことを発表していた。
閉店後、誠品の跡は統一グループが使うとしている。統一グループは2023年中に台湾カルフールを完全子会社化する予定であるほか、誠品の徒歩圏では「統一時代百貨店」(旧阪急百貨店)を運営している。そのため、誠品の跡には統一時代の別館、もしくはカルフールが出店する可能性が高いであろう。

統一時代百貨。

なお、誠品書店は今後も24時間営業を続けるとしている。
後継となる24時間営業店舗はまだ発表されていないが、台北市内の松菸(松山)・南西・西門のどれかになる可能性が高いであろう。

誠品生活松菸店。

関連記事:台湾カルフール、統一グループが2023年中に買収-台湾「スーパー2強」時代に
関連記事:DON DON DONKI 忠孝新生店、2022年1月20日開店-ドンキ台湾2号店、光華商場裏の再開発ビルに
関連記事:新光三越台北忠孝店(仮称)、2022年後半開業-そごう隣接のタワーマンション下層に
関連記事:台湾国家撮影文化センター台北館、2021年4月19日開館-旧・大阪商船ビル、7年かけて復原

関連記事:DONDONDONKI西門店、2021年1月19日開店-台湾初のドンキ、松竹台湾劇場跡地「阿曼TIT」の韓国E-LAND旗艦店跡に
関連記事:台湾博物館鉄道部園区、2020年7月7日開館-台湾総督府鉄道部、鉄道博物館に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加