大塚家具、直営7店舗を「IDC OTSUKA×YAMADA」として2020年6月19日リニューアル開業-新宿・横浜・名古屋栄ではヤマダ電機専用フロアを展開

家電量販店最大手「ヤマダ電機」子会社の家具販売大手「大塚家具」は、IDC OTSUKA新宿・横浜・名古屋栄ショールームなど直営7店舗にヤマダ電機の売場を設置し、コラボレーション店舗「IDC OTSUKA×YAMADA」として2020年6月19日にリニューアル開業する。

IDC OTSUKA×YAMADA 大塚家具有明本社ショールーム。

ヤマダ電機の子会社となったIDC大塚家具

大塚家具は、2019年2月にヤマダ電機と資本業務提携を締結して以降、3月には両社間での人的交流を開始。5月にはヤマダ電機の大型直営店「LABI」「家電住まいる館」への商品供給を開始、7月には群馬県前橋市のヤマダ電機直営店「インテリアリフォームYAMADA」を大塚家具とのコラボ店舗に転換するなど、両社間での連携をすすめていた。
その後、同社は2019年12月30日付の第三者割当増資によりヤマダ電機の子会社(議決権比率51.74%)となっている。 ヤマダ電機家電住まいる館。

ヤマダ電機は、2020年2月に直営の旗艦店4店舗「LABI品川大井町」「LABI1日本総本店池袋」「LABI IFE SELECT千里」「LABI1 なんば」を大塚家具とのコラボ店舗にリニューアルするなど、家電製品と家具・インテリア商品の併売強化を推し進めている。
その一方で、これまでの大塚家具の直営店では、ヤマダ電機の商品は取扱われていなかった。
IDC OTSUKA×YAMADA LABI1なんば

大塚家具直営店の半数超、ヤマダコラボ店舗に

大塚家具は、2020年6月現在営業する直営店(11店舗+1営業所)のうち半数超となる、旧新宿三越南館の新宿ショールームをはじめとして、横浜みなとみらい・名古屋栄・有明本社・大阪南港・神戸・福岡ショールームの7店舗をヤマダ電機コラボ店舗へと転換させる。

IDC OTSUKA×YAMADA となる大塚家具新宿ショールーム。
(旧・新宿三越南館)

大塚家具は今回の直営7店舗コラボ店舗化について、「消費者は住宅取得や結婚に際し、家具・インテリアと同額以上の家電を購入している」「住宅取得や結婚を機にした家具・インテリアの購入は当社店舗売上の約3分の1を占める」ことを理由として挙げており、新宿・横浜みなとみらい・名古屋栄ショールームでは、家具と家電がワンストップで揃う「日本最大級の家具×家電コラボ店舗」として家電専用フロアを展開する。

IDC OTSUKA×YAMADA 大塚家具新宿ショールーム。
(フロアイメージ)

また、残る直営4店舗でもヤマダ電機の家電コーナーを設け「暮らしの新しい選び方」を提案・提供する店舗とする。

16日から全国でCM放映、大規模販促も実施

大塚家具は、今回の直営7店舗リニューアル・ヤマダ電機の売場出店に合わせて、6月16日より全国ネットでのCM放映を開始。
19日には大塚家具直営7店舗やヤマダ電機LABI新宿東口館・LABI新宿西口館で家具+家電同時購入特典やポイントアップ、折込チラシの配布など特別企画を実施する。

IDC OTSUKA×YAMADA テレビCM。


IDC OTSUKA×YAMADA テレビCM。

大塚家具の「IDC OTSUKA×YAMADA」コラボ店舗
ヤマダの家電専用フロア設置店舗
(暮らしの新しい選び方を提案する店舗)
  • 大塚家具新宿ショールーム
  • 大塚家具横浜みなとみらいショールーム
  • 大塚家具名古屋栄ショールーム
ヤマダの家電コーナー設置店舗
(暮らしの新しい選び方を提供する店舗)
  • 大塚家具有明本社ショールーム
  • 大塚家具大阪南港ショールーム
  • 大塚家具神戸ショールーム
  • 大塚家具福岡ショールーム

関連記事:ヤマダ電機、大塚家具を子会社化-2019年12月30日付の第三者割当増資で株式の過半数を取得
関連記事:大塚家具、ヤマダと業務提携へ-日中ファンドから約38億円の資金調達も
関連記事:大塚家具、中国の家具販売大手「居然之家」と業務提携へ

関連記事:大塚家具、首都圏近郊エリアの3店を2019年1月までに閉店へ
関連記事:大塚家具「創業の地」の春日部店跡を売却へ-EC事業者に
関連記事:iDC大塚家具春日部ショールーム、2018年5月27日閉店-創業地・春日部の大型店、再開発検討地域に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加