ウィズ原宿、2020年5月28日開業-「道」がある複合ビル、核は都心型イケア

東京都渋谷区のJR原宿駅前に、NTT都市開発の複合商業ビル「WITH HARAJUKUウィズ原宿)」が2020年4月25日に開業する。
追記:5月28日開業に延期された。

WITH HARAJUKU.


原宿アパートメンツ再開発、10階建て複合施設に

ウィズ原宿は、原宿アパートメンツ、原宿第一マンションズ跡地などを再開発して誕生する複合施設。
建物は地上10階地下3階建て・敷地面積は約5,000㎡・建築面積は約4,000㎡・延床面積は約26,800㎡・商業面積は約11,000㎡となる。

完成イメージ。

運営はNTTグループの不動産ディベロッパー「NTT都市開発」、設計はTOD’S表参道ビルなどを手掛けた伊藤豊雄。
未来を紡ぐ“たまり場”」をコンセプトに、原宿駅前と竹下通りをつなぐパッサージュ「WITH HARAJUKU STREET」を中心とした「道の建築」をイメージしたといい、開店後は原宿駅からウィズのなかをウインドウショッピングしながら通り抜けて竹下通りへと向かうことができるようになる。

竹下通り側の出口。


駅から館内を抜けて竹下通りへ。

イケア、東京都心初出店-カフェも併設

商業ゾーンは地上1階~地下2階から3階と8階の一部。
核テナントとして1階と2階に北欧スウェーデン発祥の家具・インテリア大手「イケア」(IKEA)の東京都心初となる店舗(約2,500㎡)が出店。スウェーデンの味を開放的な空間で手軽に楽しめるカフェも併設される。

IKEA原宿。

そのほか、アウトドア「スノーピーク」(地下1階)、「ユニクロ」(地階・1階)、「資生堂パーラー」(8階)などライフスタイル雑貨、スポーツ、アパレル、コスメ、飲食店など複数の専門店が出店する。

屋外テラスイメージ。

そのうちユニクロには、ユニクロとジーユーが展開する着こなし発見アプリ「StyleHint」専用の売場「StyleHint原宿」、UT(グラフィックTシャツ)専用の売場「UT POP OUT」がそれぞれ初登場。また、アウトドア「スノーピーク」はカフェ併設の大型店で、当店限定商品も登場するとみられる。
また、一部には屋外テラスも設けられる。

館内構成。

3階には多目的イベントホール「WITH HARAJUKU HALL」(約300㎡・300席)、会員制コワーキングスペースや30分単位で利用可能なレンタルスペース「LIFORK 原宿」と飲食店。
4階から10階までは賃貸レジデンス「WITH HARAJUKU RESIDENCE」となっており、月額1室100万円の部屋もあるという。

3階のウィズ原宿ホール。

また、地下2階・地下3階は駐車場などとなる。
なお、隣接地には1月に「@cosme」の旗艦店が出店している。

ウィズ原宿 商業テナント一覧
  • イケア(家具・雑貨・カフェ)※新業態
  • ユニクロ(ファッション)
  • ビューティースクエア(資生堂)(化粧品)
  • SABFA(ヘアメイクアップアカデミー)
  • 資生堂パーラー(レストラン)※新業態
  • オッシュマンズ(スポーツ)
  • EATALY(イタリアン)
  • オーバカナル(ブラッスリーカフェ)
  • ジ・アレイ鹿角巷(カフェ・台湾茶)※新業態
  • スターバックス(喫茶)
  • Snow Peak LAND STATION(スノーピーク、アウトドアなど)※新業態:カフェ併設
  • セイコーブティック(時計)
  • ドクターマーチン(靴)
  • MACCHA HOUSE抹茶館(カフェ・日本茶)
ウィズ原宿

住所:東京都渋谷区神宮前1-14-30
営業時間:10:00 – 21:00(IKEA、開業日は11時開店)
(新型コロナウイルスの感染状況によっては開業日・営業時間などが変更されることがあると思われるため、来店の際には事前の確認をおすすめします)

関連記事:JR原宿駅新駅舎、2020年3月21日供用開始-旧駅舎は解体へ
関連記事:コロンバン原宿本店、2020年2月16日閉店-東急・神宮前再開発で「オリンピアアネックス」と共に解体へ

関連記事:@COSME TOKYO(アットコスメ・トーキョー)、2020年1月10日開店-@COSME最大の旗艦店、原宿駅前のGAP跡に
関連記事:東急百貨店東横店跡、2020年4月からイベント空間「渋谷エキスポ」に-1月9日から特別展示も
関連記事:渋谷駅前の「青ガエル」、2020年7月までに大館市に譲渡

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加