フレスポ富沢、2019年7月11日開業-アクロスプラザ富沢西向かいに

宮城県仙台市太白区に大和リースのショッピングセンター「フレスポ富沢」が2019年7月11日に開業する。
フレスポ富沢。

大和リースのショッピングセンター、富沢に開店

フレスポ富沢は仙台市が主導する「富沢駅西土地区画整理事業」の一環として建設が進められてきたもので、建物は平屋建5棟、敷地面積は約14,632㎡、延床面積は約3,583㎡。大和リースが運営する複合商業施設としては仙台市内7施設目となる。
同施設は大型衣料品店「ファッションセンターしまむら」、ドラッグストア「ツルハドラッグ」、靴量販店「ABCマート」、100円ショップ「ダイソー」を核に、「眼鏡市場」、託児機能付オフィス「ママスクエア」など10店舗が7月11日に出店、雲の上カンパニーが運営する仙台発のラーメン・中華そば専門店「伊藤商店」が8月上旬に出店、先行オープンした店舗と合わせて最終的に14店舗が開店する計画となっている。
フロアマップ。


発展著しい富沢、2018年にはアクロスプラザも開業

フレスポ富沢の正面では2018年1月に、同じく大和ハウスグループの大和情報サービスが運営する「アクロスプラザ富沢西」が開業しており、食品スーパー「ヨークベニマル」、百貨店ギフトサロン「三越富沢」、トップカルチャーの複合書店「蔦屋書店」が出店していることから、フレスポは一部を除きアクロスプラザに欠落していた専門店(低価格衣料品店、靴量販店など)を補完する役割を持つ施設となる。
大和リースは「大和ハウスグループ全体で地域の利便性を向上させ、地域の方々の日常に寄り添う施設を目指す」とコメントしており、食品スーパーや飲食店、ビジネスホテルの進出が相次ぐ富沢エリアのさらなる求心力向上が予想される。

フレスポ富沢

住所:宮城県仙台市太白区富田字京ノ北54-1(20B-51L)
営業時間:9:00~22:00(ツルハドラッグ)

関連記事:アークスグループ、イトーチェーンを2019年9月に子会社化-東北の店舗網強化へ
関連記事:ブランチ仙台、2019年4月25日全面開業-青葉区と泉区にまたがる複合商業施設
関連記事:大塚家具仙台ショールーム、2019年5月6日閉店-東北から全面撤退
関連記事:イオンモール名取、2019年4月19日増床リニューアル-東北最大のイオン、更に”巨大化”
関連記事:カインズ仙台泉店、2018年7月20日開店-「西友仙台泉店」跡地、周辺の再活用進む
関連記事:イオンスタイル仙台卸町、2018年9月15日開業-東北最大級の「食」フロアなど約70店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加