イオンモール名取、2019年4月19日増床リニューアル-東北最大のイオン、更に”巨大化”

宮城県名取市の仙台空港アクセス鉄道杜せきのした駅前にある「イオンモール名取」が増床リニューアルし、2019年4月19日にグランドオープンする。

イオンモール名取(増床後のイメージ)。

東北最大のイオンモール、規模拡大で「駅直結」に

イオンモール名取は、「ダイヤモンドシティ・エアリ」として2007年2月開業。総賃貸面積は約67,000㎡、延床面積は約117,000㎡。
運営会社の経営統合に伴い同年9月「イオンモール名取エアリ」に改称、運営会社のブランド戦略の一環として2011年10月に現在の屋号に改称した。
今回の増床はコンセプトに「くらしにキラリ、わたしのランドマーク」を掲げ、杜せきのした駅側の駐車場に増床棟(地上3階建)を建設。「杜せきのした駅」とモール増床棟2Fを直結し、デッキには屋根が新設される。

改装後のイメージ。


増床棟1階はピロティ型駐車場、2階・3階は新規出店36店舗、既存棟からの移設10店舗の専門店で構成され、ニトリのホームファッション店「ニトリデコホーム」、アパレル「ラコステ」(既存棟から移転)、「グローバルワーク」(既存棟から移転)、「a.v.v」、リラクゼーションサロン「ラフィネ」、イオン傘下のスポーツ用品店「スポーツオーソリティー」(既存棟から移転)など50店舗が導入される。
また、杜せきのした駅からの2階エントランスは「杜のテラス」となり、カフェ「スターバックスコーヒー」(既存棟から移転)、七ヶ浜のカフェ「シチノカフェ」、フルーツジュース「果琳」などの喫茶・飲食店が出店する。

杜のテラス。

既存棟も改装リニューアル

今回の増床リニューアルに合わせて既存棟の改装も実施される。
既存棟1階には、核店舗の「イオン名取店」フードゾーン(食品売場)とのつながりを意識した食空間「けやきマルシェ」が展開され、チーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」、食品雑貨・グロサリー専門店「カルディコーヒーファーム」、プレミアムチョコレート「GODIVA(ゴディバ)」が新規出店する。
このほか、既存棟内には和グロサリー専門店「久世福商店」、中国初の日本風雑貨店「メイソウ」、300円ショップ「スリーコインズプラス」などが新たに出店するほか、「ユニクロ」、「GU」、「ダイソー」、「ミスタードーナツ」など複数の既存テナントが2月から4月にかけて移転リニューアルし、順次オープンしている。
増床後の総賃貸面積は約80,000㎡、延床面積は約142,000㎡で、イオンモール全体でも有数の規模となる。

関連記事:マックスバリュ東北、イオンリテール東北カンパニーと2020年3月を目処に経営統合へ
関連記事:カインズ仙台泉店、2018年7月20日開店-「西友仙台泉店」跡地、周辺の再活用進む
関連記事:イオンスタイル仙台卸町、2018年9月15日開業-東北最大級の「食」フロアなど約70店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加