ドンキモールトンロー、2019年2月22日開業-ドンキ、タイ初出店は日系店舗中心の商業施設に

タイ王国バンコク市ワッタナー区エカマイ通に、大型ショッピングセンター「DONKI MALL THONGLOR」(ドンキモールトンロー)が2019年2月22日に開業した。
DONKI MALL Thonglor.

ドンキ、タイに「DON DON DONKI」初出店

ドンキモールトンローは地上5階地下3階建、延床面積は28,088㎡。パンパシフィックインターナショナルHD(PPIH)グループの海外事業持株会社「Pan Pacific Retail
Management(Singapore) Pte.Ltd.」、タイ国内最大手塗料メーカー「TOA Venture Holding Co., Ltd.」、日本駐車
場開発の現地法人「Nippon Parking Development (Thailand) Co.,Ltd.」の3社が設立した合弁会社が管理・運営を行う。
DONKI MALL Thonglor Logo design.

ドン・キホーテ直営の「DON DON DONKI」を核に、ドラッグストア「ツルハドラッグ」、均一ショップ「ダイソー」、ゼビオグループのゴルフ用品店「ゴルフパートナー」、マルコメ初となる海外常設アンテナショップ「発酵らぼ」、お好み焼き「鶴橋風月」、しゃぶしゃぶ食べ放題店「但馬屋」、田中義剛が牧場長を務める「花畑牧場」、抹茶・日本茶スイーツ専門店「nana’s green tea」、カラオケ「まねきねこ」、屋内スポーツ施設「D-SPORTS STADIUM」、多目的イベントホール「Downtown Party & @THONGLOR HALL」など約30店舗が入居する。

ツルハドラッグドンキモールトンロー店。
(同社公式サイトより)


核テナントの「DON DON DONKI」は、コンセプトに「ジャパンブランド・スペシャリティストア」を掲げ、店内商品の大半を日本製もしくは日本市場向け商品とした東南アジア向け業態。トンロー店では生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)をフルラインで展開し、購入商品の店内調理やイートインにも対応する。

ドンキ、東南アジアへのさらなる出店拡大なるか

ドン・キホーテは2015年、創業者の安田隆夫氏がシンガポールに移住、海外持株会社を設立して以来、2017年12月に東南アジア仕様新業態1号店「DON DON DONKI」を出店、2019年現在東南アジアに4店舗(シンガポール3店舗、タイ1店舗)を展開するなど積極的な投資を進めている。DON DON DONKIは、日本文化や日本食に関心を持つ現地住民のみならず日系住民にも重宝されるなど、好調な集客を維持しており、今後も店舗網の拡大が期待される。

東南アジア有数の繁華街、オーチャードにもドンキが出店。

DONKI MALL THONGLOR

住所:107 Sukhumvit 63, Klongton Nuea, Wattana, Bangkok, Thailand
営業時間:24時間(DON DON DONKI)

関連記事:東急グループ、タイでタワーマンションなど大型の住宅分譲事業を発表
関連記事:ルミネシンガポール、2017年11月25日開店-ルミネ、海外初進出
関連記事:ドン・キホーテ、シンガポールに出店-東南アジア1号店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加