西条プラザ、8月31日閉店

東広島市のJR西条駅近くにあるショッピングセンター「西条プラザ」が2016年8月31日に閉店する。
RIMG2641
西条プラザ。「サイプラ」の愛称で親しまれた。

“賀茂郡西条町”初のショッピングセンターだったサイプラ

西条プラザは1973年11月に開店。地下1階、地上4階建、売場面積は約13,000㎡。
核店舗は広島市に本社を置く百貨店の「福屋百貨店西条店」(1~2階、1986年開店)と、北九州市に本社を置くスーパー「マルショク西条店」(1階)で、約50の専門店が入居。高層部分の3~4階には広島YMCAが運営するスポーツクラブが入居しているほか、文化教室や塾も入居しており、居酒屋やマツダの販売店などの別棟もある。
RIMG2643
百貨店のエントランスは低層部分に設けられている。

開業当時は賀茂郡西条町(現:東広島市)で初のショッピングセンターであり、長年に亘って西条駅前の核として親しまれてきたが、開業から40年以上が経過し、老朽化が進行していたという。

駅前に増えるマンション、一方でスーパーは1軒のみに

西条駅前には、かつて「フジグラン西条駅前」(ベルディデパート)もあったが、マンション建設のために2007年に閉店。
(その後、マンション建設は中止されて文化ホールとなった)
RIMG3424-
フジグラン西条駅前(旧ベルディデパート)。

カラーミーショップ

西条駅前は広島市のベッドタウン、また学園都市として、現在もマンションが増え続けている一方で、西条プラザ閉店後にはスーパーマーケットは食品スーパーの「ショージエスタ店(西條商事)」の1店舗のみとなる。

建物は解体-跡地は未定

西条プラザは老朽化しているため、運営企業は建物を解体する予定だが、跡地の活用方法は決まっていない。また、核テナントの福屋西条店は東広島市で唯一の百貨店であるが、西条プラザ閉店後の店舗の処遇などについては、3月現在は発表されていない。
(追記:福屋は西条駅近くに小型店を出店させる方針。都商研取材による)
西条プラザでは、閉店を前にプラザカードのポイント付与を2016年3月末で中止。商品券への交換は閉店まで受け付ける。
なお、西条プラザ商品券も8月の閉店以降は使用できなくなるため、早めの利用を呼び掛けている。

外部リンク:お客様に大事なお知らせ(閉館案内、西条プラザ)
外部リンク:西条プラザ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル