JR西都城駅、11月5日リニューアル-黒を基調に

宮崎県都城市の中心部にあるJR西都城駅がリニューアルされ、11月5日にグランドオープンを迎える。

リニューアルされた西都城駅。

都城市の中心部に最も近い駅だった

西都城駅は1923年に開業。1976年に高架化が着手され、現在の高架下駅舎は1980年に完成した。

かつての西都城駅。

都城駅よりも元々の都城市中心部に近く、近隣には都城大丸(大手の大丸ではなく地場百貨店)、寿屋百貨店、ナカムラデパート、タイヨーなど大型店が数多くあったものの、現在は全て閉店。
かつては駅高架下に店舗や飲食店などもあったが、中心市街地の衰退もあり、2005年のキオスク撤退を以て全ての店舗が撤退している。

かつての駅構内。

「黒」に「島津家紋」-11月5日に記念式典

改装後の駅舎は以前の白を基調にしたものから黒にマイナーチェンジ。駅名には島津藩の家紋が入れられた。これは、鹿児島中央駅と同様に「黒豚」、「黒霧島」など「黒いもの」の産地であること、さらに、当地が島津藩であり、鹿児島島津邸も近いことに因んだものであると思われる。
また、老朽化した壁など内装もリニューアルが行われた。

内装も一部リニューアルされている。

駅舎のリニューアルをおこなったJR九州鹿児島支社は、11月5日午前10時から記念式典を挙行する。
また、同駅をスタートするJR九州ウォーキングも開催される。
撮影:地理人研究所

外部リンク(ニュースリリース):西都城駅リニューアル記念式典及びJR 九州ウォーキングを開催します!
関連記事:イオンタウン姶良、2017年4月22日グランドオープン-旧姶良サティ、2期工事完成で
関連記事:青島橘ホテル跡、ゾゾタウン子会社が交渉権獲得-リゾート+オフィスで「日本のシリコンバレー」目指す
関連記事:JR九州、大分市で「スマートサポートステーション」導入へ-2018年3月から、遠隔サポートで無人化
関連記事:JR九州トランドール、商業施設シフト進む-2017年夏にも戸畑、赤間などから撤退

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加