新宿マルイアネックス、「ビットコイン」決済開始ー試験導入、2017年10月31日まで

丸井グループは「新宿マルイ アネックス」でビットコイン決済サービスを8月7日から10月31日まで試験導入する。

新宿マルイアネックス。

大手ファッションビルでは初

丸井が今回導入するのはビットコイン取引所国内最大手「bitFlyer」が提供するビットコイン管理アプリ「bitFlyerウォレット」によるビットコイン決済サービス。bitFlyerウォレットは店頭タブレットに表示されたQRコードをアプリで読み取ることで数秒で決済が完了する簡便さを特徴としており、7月には家電量販店大手「ビックカメラ」が全店舗でbitFlyer提供のビットコイン決済サービスを採用、グループの家電量販店「コジマ」、パソコン店「ソフマップ」への導入も並行して進めるなど、利用可能店舗数が拡大しつつある。

店頭に掲示されたビットコインの案内

新宿マルイ アネックスは、青文字系・原宿系・ゴスロリファッションやアニメ関連商品を取扱うショップを複数フロアで展開しており、各フロアでは「マルイのアニメ」と題してアニメ、ゲームコンテンツを前面に打ち出したイベントを頻繁に開催している。
ビットコイン導入により、日本のサブカルチャーに関心を持つ外国人観光客や、ビットコイン決済に関心を持たなかった一般消費者への需要開拓も期待される。仮想通貨取引・モバイル決済後進国の日本にとって、大手企業による相次ぐビットコイン決済導入は大きな転機となるだろう。

新宿マルイ アネックスでは一部飲食店を除く館内ほぼ全ての売場・テナントをビットコイン決済導入対象店舗としており、ビットコイン決済利用者毎月抽選10人を対象にビットコイン3,000円相当を付与するキャンペーンも実施される。

外部リンク:店舗のご案内|新宿マルイ アネックス
外部リンク:新宿マルイ アネックスでビットコインつかえます!|新宿マルイ アネックス
外部リンク:仮想通貨『ビットコイン』でお支払いができる決済サービスを試験導入
関連記事:ビックカメラAKIBA、6月22日グランドオープン-「AKIBAビックマップ」形成へ
関連記事:丸井、旧・新宿店ヤング館(マルイカレン)を売却-約130億円で
関連記事:渋谷マルイで「ご注文はOIOIですか??」開催-サブカル系コンテンツに注力する丸井

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加