イズミヤカナートモール浜田町、2020年6月30日閉店-まるとく市場核のショッピングセンター、19年で営業終了

兵庫県尼崎市の地域密着型ショッピングセンター「イズミヤカナートモール浜田町」が、2020年6月30日をもって閉店する。

まるとく市場浜田町店。(公式サイトより)

新形態のカナートモールとして開業した浜田町店

イズミヤカナートモール浜田町は2000年12月に開業。建物は地上2階建、店舗面積は1,498㎡。
開業当初は、同社初となるデイリーカナート屋号の総合スーパー「デイリーカナートイズミヤ浜田町店」を核に、マクドナルドやクリニックモール、美容院、保育園、クリーニング店といったテナントが出店していたが、2008年には1階を食品ディスカウント「まるとく市場浜田町店」に業態転換、2階に音通の100円ショップ「フレッツ 尼崎浜田店」を導入するなど、低価格路線の商業施設として大規模リニューアルを実施していた。
カナートモールでは、2020年3月にフレッツが閉店しているため、イズミヤ直営売場の閉店により施設の大部分が空き床となる。

イズミヤは2020年6月現在、跡地の活用方法を発表していないが、築年数が20年未満と比較的浅いため、新たな食品スーパーが後継店舗として出店する可能性がある。

関連記事:ドン・キホーテ十三店、2019年12月6日開店-今年2月に閉店したドンキ、50mほどの距離に復活
関連記事:バロー淡路店、2019年7月19日開店-大阪市内初のバロー、淀川キリスト教病院跡地に
関連記事:ライフ新大阪店、2019年5月31日閉店-旧ライフ大阪本社・ラヴィーレ新大阪
関連記事:ダイエーグルメシティ神崎川店、2019年2月28日閉店-旧マルエー、46年の歴史に幕

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加