アクロスプラザ宝木、2020年3月4日開業-とりせん核のショッピングセンターに

栃木県宇都宮市の宇都宮環状道路(宮環)沿いに大和情報サービスのショッピングセンター「アクロスプラザ宝木」が2020年3月4日に開業した。

アクロスプラザ宝木。

とりせん核の地域密着型ショッピングセンターに

アクロスプラザ宝木の敷地面積は8,637㎡、売場面積は5,175㎡。アクロスプラザとしては栃木県内3施設目となる。
北関東地盤の地場大手食品スーパー「とりせん宝木店」(地上1階建、売場面積1,894㎡)を核に、大型衣料品店「パシオス」、手芸専門店「手芸センタードリーム」、100円ショップ「ダイソー」、24時間営業のフィットネスクラブ「FIT365」、美容室「ファーストクラス」など10店舗ほどのテナントが出店する。
核店舗のとりせん宝木店は、新コンセプト「お客様との信頼感の醸成」を掲げる店舗の9号店として、店舗内装・外装を一新。インストアベーカリーとして栃木県那須町に本店を構える米粉パン専門店「那須のお米のパン屋さん」を導入する。
とりせんは1km圏内に「とりせん細谷店」を出店しているが、ドミナント強化を目的として、宝木店の開店後も細谷店は営業を続けるとしている。

アクロスプラザ宝木

住所:栃木県宇都宮市細谷町2601-6
営業時間:午前9時~午後9時30分(とりせん)

関連記事:トナリエ宇都宮、2020年2月1日開業-ララスクエア跡、日本エスコンが取得
関連記事:ドン・キホーテ大田原店、2019年12月12日開店-長期廃墟の「とりせん・サントリア」跡に
関連記事:ドン・キホーテ栃木平柳店、2019年9月19日開店-ヤオハン、e3・ガラクタ鑑定団跡
関連記事:たいらや鶴田店、2019年6月9日閉店-旧上野百貨店・うえのユーマート最後の店舗

関連記事:宇都宮パルコ、2019年5月閉店-22年の歴史に幕
関連記事:JR宇都宮駅東口再開発、公民8棟を整備へ-野村不動産らが開発、LRT開業に向けて
関連記事:宇都宮オリオンスクエア、全天候型広場に改修へ-109跡地、2020年度までの完成目指す

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加