たいらや鶴田店、2019年6月9日閉店-旧上野百貨店・うえのユーマート最後の店舗

栃木県宇都宮市の宇都宮環状道路沿いにある食品スーパー「たいらや鶴田店」が2019年6月9日に閉店した。
同店は地場老舗百貨店「上野百貨店」傘下のスーパー「うえのユーマート」を前身に持つ最後の店舗だった。

たいらや鶴田店。

上野時代からの27年の歴史に幕

たいらや鶴田店は1992年9月に、上野百貨店傘下の総合スーパー「うえのユーマート鶴田店」として開店。売場面積は1,744㎡。
うえのユーマートは、2000年12月の上野百貨店自己破産を受け民事再生法を申請、2001年8月に支援企業となったエコスグループ傘下の地域子会社「たいらや北関東」(現たいらや)の完全子会社となり、2002年3月に同社の直営店舗となった。建物は同社が所有する。
テナントとして、1階に花屋「千草屋ユーマート店」、2階に100円ショップ「Seria」とゲームセンターの3店舗が出店していた。

百貨店系スーパー「うえのユーマート」最後の店舗だった

うえのユーマートの店舗は緑店、峰店、鶴田店がたいらやに継承されたものの、峰店は閉店、緑店は建替えられており、鶴田店が最後の店舗であった。
鶴田店の店舗建物には、百貨店を彷彿させるようなテントも装着されており、エコスグループ他店舗と出自が異なる百貨店系スーパーとして開店したことが伺える。
跡地の活用方法などについては6月現在は発表されていない。
(撮影:ITOさん

関連記事:JR宇都宮駅東口再開発、公民8棟を整備へ-野村不動産らが開発、LRT開業に向けて
関連記事:宇都宮オリオンスクエア、全天候型広場に改修へ-109跡地、2020年度までの完成目指す

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加