イーアス沖縄豊崎、2020年6月19日開業-あしびなー近く、水族館やBBQ施設も

沖縄県豊見城市の豊崎美らSUNビーチ前に、大和ハウス工業の大型複合ショッピングセンター「イーアス沖縄豊崎」(iias沖縄豊崎)が2020年4月23日に開業する。
追記:6月19日開業に延期される。

イーアス沖縄豊崎。

あしびなー近くに大型ショッピングセンター

イーアス豊崎が出店するのは、海水浴場「豊崎美らSUNビーチ」と大和ハウスグループのアウトレットモール「あしびなー」の中間地点に出店。事業主体は大和ハウス工業、施設運営管理は大和情報サービス。建物は4階建てで、店舗面積は約47,600㎡となる。
同店のポイントは「~4つの観点からトキ・エモ・モノ・コト消費を喚起~」。国内外の観光客を取り込むことができる立地を生かし、これまでの「モノ消費」や「コト消費」だけでなく、非再現性・限定性・参加性・貢献性など滞在時間を楽しむ「トキ消費」、精神的な満足感を重視する「エモ消費」を喚起する複合商業施設にするとしており、水族館など複数の個性的なエンターテイメント施設が出店することも特徴となっている。

DMMかりゆし水族館。

イオン、ロフトに水族館、BBQ施設も

核店舗となるのはイオン琉球が運営するスーパー「イオンスタイル」。グローサラントを強化し、主に食品、生活雑貨などを販売する。

イオンスタイルイーアス沖縄豊崎。

そのほかのテナントとしては、沖縄県初出店となる生活雑貨店「LOFT」をはじめ、ファストファッション「H&M」「ユニクロ」「GU」、ゴルフ用品店「PGA TOUR SUPERSTORE」、スポーツ用品店「スーパースポーツゼビオ」、家電量販店「コジマ×ビックカメラ」など約155店舗が出店。

スーパースポーツゼビオ。

さらに、屋内型のミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS OKINAWA」(2022年3月開業予定)、最新の映像表現と空間演出を駆使した新しいカタチのエンタテイメント水族館「DMMかりゆし水族館」、沖縄の海でとれた鮮魚や沖縄アグー豚、島野菜などを屋上でバーベキューで楽しむことができる「STEM RESORT」(7月開業予定)など、複数のエンターテイメント店舗も備える。

スモールワールド。

イーアスは、人口増加率が高い地域であり、また那覇空港からも約6キロという好立地を生かし地元客と観光客の双方をターゲットとすることで、年間来場者数1000万人、年間売上高約220億円を計画するとしている。
近年、沖縄では郊外型ショッピングセンターの出店が相次ぎ、一部では競争過多から売上が予想を下回る状況も聞かれている。
そうした状況のなか、イーアス沖縄豊崎が地の利を活かして観光客の取り込みに成功し、計画通りの集客を維持できるかどうかが注目される。

イーアス(iias)沖縄豊崎

住所:沖縄県豊見城市豊崎3-35
営業時間(予定)
物販施設:10時~21時
イオンスタイル:9時~23時
飲食施設:10時~23時
水族館:10時~22時
(新型コロナウイルスの感染状況によっては開業日・営業時間などが変更されることがあると思われるため、来店の際には事前の確認をおすすめします)

関連記事:ドン・キホーテ那覇壺川店、2020年3月6日開店-直営フードコート併設、東急ステイ沖縄那覇との複合店舗に
関連記事:琉球王国市場、2019年9月7日閉館-旧・沖縄三越、「国際通りのれん街」として再生めざす
関連記事:サンエー浦添西海岸パルコシティ、2019年6月27日開業-パルコ、「郊外型」で沖縄初出店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加