サンエー浦添西海岸パルコシティ、2019年6月27日開業-パルコ、「郊外型」で沖縄初出店

沖縄県浦添市にパルコとサンエーを核としたショッピングセンター「サンエー浦添西海岸PARCO CITY」(サンエー浦添西海岸パルコシティ)が、2019年6月27日に開業する。

サンエー浦添西海岸パルコシティ。

沖縄浦添西海岸にパルコ初「郊外型店舗」

サンエー浦添西海岸パルコシティは浦添市主導の大規模湾岸開発プロジェクト「那覇港浦添ふ頭地区第一ステージ都市機能用地事業」を、プロポーザル方式により選定された沖縄地場流通大手「サンエー」が事業者となり開発を進めるもの。
2018年に開通した湾岸道路沿いで、那覇空港まで車で約15分ほどの距離となる。

出店地。

開発・運営は沖縄県内で総合スーパーを展開する「サンエー」と大丸松坂屋系のファッションビル運営大手「パルコ」による合弁会社「サンエーパルコ」。合弁会社の出資比率はサンエー51%、パルコ49%。
パルコでは珍しい「郊外型店舗」で、約4,000台収容の大型無料駐車場を備える。

250店のうち約80店が「沖縄初」

サンエー浦添西海岸パルコシティの建物は地上6階建(商業ゾーンは1~3階)、総賃貸面積78,000㎡、店舗面積約60,000㎡。コンセプトに「幸せの共感 ここから未来へ」を掲げる。

フロアプランとフロアコンセプト。


館内には総合スーパー「サンエー」と専門店250店舗、シネマコンプレックスなどが出店。
そのうち、セレクトショップ「URBAN RESEARCH DOORS」、ファストファッション「ZARA」、「島村楽器」、ローソン系の複合書店「HMV&BOOKS」、シネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ」、六本木の高級焼肉店「叙々苑」、豚骨ラーメン「一風堂」、「博多天ぷら たかお」のレストラン業態など約80店舗が沖縄初出店となる。
そのほか、大型雑貨店「東急ハンズ」、「無印良品」、家電量販店「エディオン」がサンエーFC店舗として出店。ファストファッションの「H&M」、「ユニクロ」、「ABCマートグランドステージ」、「アカチャンホンポ」なども大型店として出店する。
東急ハンズは沖縄県3店舗目で、売場面積は2,100㎡となる。

センタープラザ。

また、館内2ヶ所に大型の吹き抜けが設置され、各種イベントスペースとして用いられるほか、無印良品が出店する館内3階は良品計画の全面プロデュースフロアとなる。
屋上には展望デッキも設けられ、沖縄西海岸が一望できる。

無印良品がプロデュースする3階にはシネコンも。

パルコがこうした地場大手と提携して郊外型ショッピングセンターを出店することは史上初のことであり、同店の成否によっては今後もパルコが「郊外店展開」に踏み出す可能性もあろう。

ライカムも増床で「沖縄最大」を維持

同店の開業を控え、迎え撃つ沖縄最大の商業施設「イオンモール沖縄ライカム」も2019年4月26日に増床しニューアルオープンしている。同店の店舗面積は約86,000㎡となり、「GU」、「ニトリ」、「レイバン」など新たに19店舗が出店。「沖縄県最大」の座を維持することとなった。
とはいえ、パルコシティはライカムよりも那覇市街地や空港や港湾に近く、観光客の来館も予想されるうえ、HMVが出店すること、そして空港からのアクセスが良好なことから、芸能人やアーティストを招いたイベントが行われるようになる可能性も高い。
両店の熾烈な争いは今後も続くことになるであろう。

サンエー浦添西海岸パルコシティ

住所:沖縄県浦添市西洲三丁目 1-1
営業時間:全館 10:00~22:00(一部異なる)
サンエー食品館(1F) 09:00~23:00
フードテラス(1F)、フードホール(2F) 10:00~22:00
レストランストリート(3F) 11:00~23:00
上記以外のカフェ・レストラン(1~3F) 10:00~22:00

関連記事:那覇オーパ、2018年10月13日開業-カフーナ旭橋の核店舗
関連記事:第一牧志公設市場、2019年6月16日閉鎖-再開発で、2022年に「新市場」完成
関連記事:錦糸町パルコ、2019年3月16日開業-東京楽天地、西友リヴィン錦糸町跡

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加