ミスターマックス綾羅木ショッピングセンター、2019年5月31日閉店

山口県下関市綾羅木新町の梶栗郷台地駅前に位置する「ミスターマックス綾羅木ショッピングセンター」が、2019年5月31日17時をもって閉店する。MrMax綾羅木ショッピングセンター。

下関のミスターマックス、24年の歴史に幕

ミスターマックス綾羅木ショッピングセンターは1994年12月に「ハイパーモールメルクス綾羅木」として開業。売場面積は9,520㎡。
長らく総合ディスカウント「ミスターマックス」と地場食品スーパー「レッドキャベツ」(後にイオン傘下入り)を核に、100円ショップ「meets.」、ゲームセンター「てくもぴあ」、「マクドナルド」といった複数の専門店が出店、一時期は名古屋地盤のラーメン・甘味専門店「スガキヤ」も出店するなど、近隣の総合スーパー「ジャスコ安岡店」(当時)とともに山口県道248号線沿いを代表する商業集積を形成していた。レッドキャベツ綾羅木店営業当時のMrMax。


しかし、2009年12月にイズミの旗艦店「ゆめシティ」が開業して以降、2013年に近隣の総合スーパー「イオン安岡店」(旧ジャスコ)が総合ディスカウント業態の「ザ・ビッグ安岡店」に転換、2018年には当施設の食品核である「レッドキャベツ」が撤退するなど、競争激化による影響が顕著なものとなっていた。2019年現在、ミスターマックスを除く大半のテナントが撤退している。
今回の閉店の理由として、同社は「賃貸契約の終了」を挙げており、2019年5月9日より「閉店売り尽くしセール」を開催するという。
当施設の閉店に伴い、ミスターマックスは下関市内から撤退する。

関連記事:レッドキャベツ、山口県から2019年2月撤退-創業の地、イオン入りから約4年で
関連記事:レッドキャベツ山の田店(本店)、2017年8月29日閉店-イオングループ入りで店舗整理、「本店」も

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加