シアトルズベストコーヒー、国内の大半がJR九州系に-2019年4月に首都圏から関西の店舗の3割取得

JR九州グループで、西日本を中心にシアトル系コーヒーチェーン「SEATTLE’S BEST COFFEE」(シアトルズベストコーヒー、SBC)を運営する「JR九州ファーストフーズ」は、「SEATTLE’S BEST COFFEE」の首都圏から関西までの既存店のうち約3割を新たに取得・運営開始したことを2019年4月23日に発表した。
これにより、同店は国内の大半がJR九州傘下となった。

JR九州ファーストフーズ運営のSEATTLE’S BEST COFFEE(大阪市)

シアトルズベスト、一時は日本から姿を消しつつあった

SEATTLE’S BESTは1968年に米国ワシントン州ウィッビーアイランドで創業。1999年10月に日本1号店を東京都渋谷区に出店して以降、最盛期となる2007年には国内に70店舗近くを展開したが、2008年1月に当時の最大手フランチャイジーが経営破綻したことで大半の店舗が閉鎖、営業休止に追い込まれていた。
2010年代に入ると、首都圏の大手フランチャイジー「ブランドパートナーズ」がSEATTLE’S BESTの姉妹ブランドでもあるシナモンロール専門店「CINNABON」(シナボン)、バー・レストラン「VASHON」(ヴァション)との複合業態を出店開始、JR九州ファーストフーズによる九州エリアでの出店強化もあり、2019年現在の店舗網は最盛期となる2007年とほぼ同水準となっている。


復活を遂げたシアトルズベスト、国内店舗の7割がJQ系に

SEATTLE’S BESTの九州地区における最有力エリアフランチャイジーであった「JR九州ファーストフーズ」は2018年4月に最大手シアトル系コーヒーチェーン「STARBUCKS COFFEE」(スターバックスコーヒー)ともFC契約を締結、アミュプラザ小倉に同社運営スタバ1号店を出店しており、SEATTLE’S BESTの今後の店舗展開が危惧されていた。
しかし、同社によるスタバ運営開始後も同年中に阪急阪神東宝グループの「阪急産業」から梅田DTタワー店を取得し本州に初進出、広島県のゆめタウン廿日市にも新規出店するなど、積極的な店舗網拡大を継続している。

2019年3月に出店した別府駅店。

今回同社が取得した店舗は「シナボン六本木店」「シナボン二子玉川ライズ店」「アトレ吉祥寺店」「ヴァション芝公園店」「ヴァション日本橋兜町店」「シナボンさいたまコクーン店」「ヨドバシ京都店」「アパホテル京都店」の8店舗。
SEATTLE’S BEST国内65店舗のうち46店舗、全店舗のうち約7割が同社運営店舗となった。

今回JR九州ファストフーズが取得したシナボン六本木店。

JR九州系、シアトルズベストのさらなる店舗網拡大目指す

JR九州ファーストフーズは「今後も、九州島外での出店を積極的に推進し、全国の皆様に楽しく安らげるひと時を提供してまいります。」とコメントしており、今後も同社によるSEATTLE’S BESTのさらなる店舗網拡大が想定される。

関連記事:JR豊肥本線、2020年度中に復旧へ-約5年ぶりに
関連記事:アミュプラザ宮崎、2020年秋開業-「JR宮交ツインビル」の核テナント
関連記事:アミュプラザ小倉、2018年9月14日リニューアルオープン-小倉駅ビル開業20周年で

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加