アミュプラザ宮崎、2020年秋開業-「JR宮交ツインビル」の核テナント

JR九州と宮崎交通は、2社がJR宮崎駅(宮崎県宮崎市)の前に開発する商業ビルを「JR宮交ツインビル」とし、核テナントをJR九州が運営する複合商業施設「アミュプラザ宮崎」とすることを発表した。

JR宮崎駅。

アミュプラザ宮崎、2館体制に

今回、新たな複合商業ビル「JR宮交ツインビル」が建設されるのはJR宮崎駅西口の駐車場、駅レンタカーなどがある場所。現在はJR九州、宮崎交通などが所有する。
開発予定地(プレスリリースより)。

JR九州の駅ビル「アミュプラザ」の中では最小となるものの、建物は県道を挟んで2館体制となる。
そのうち、駅前のビルは地上10階建て、うち9,800㎡が商業施設、4,100㎡がオフィス。駅前商店街に面するビルは地上6階建てで、6,300㎡の全てが商業施設となる。
駅前商店街は近年空き店舗や駐車場が目立っていただけに、活性化にも大きく貢献することになりそうだ。

完成予想イメージ(ニュースリリースより)。

ヘテムル

駅前の建物にはシネマコンプレックスが設けられるほか、屋上庭園も整備される予定。

施設構成イメージ(ニュースリリースより)。

また、合わせて高架下の商業施設「えきマチ1丁目宮崎」についてもリニューアルされる。

工事は2019年春に着工され、2020年秋にJR宮交共同ビルの開業、高架下商業施設のリニューアルが完成する予定となっている。

完成予想イメージ(ニュースリリースより)。

ニュースリリース:宮崎駅西口共同開発の概要決定 (PDF)
関連記事:アミュプラザ小倉、9月14日リニューアルオープン-小倉駅ビル開業20周年で

関連記事:JR九州、熊本駅ビルの概要発表-12階建て、2021年開業めざす
関連記事:JRおおいたシティ、1年間の入館者2500万人-予想の倍
関連記事:青島橘ホテル跡、ゾゾタウン子会社が交渉権獲得-リゾート+オフィスで「日本のシリコンバレー」目指す

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加