錦糸町パルコ、2019年3月16日開業-東京楽天地、西友リヴィン錦糸町跡

東京都墨田区のJR錦糸町駅前にある複合商業ビル「東京楽天地」に、新たな核店舗としてファッションビルの「錦糸町パルコ」が2019年3月16日に開店する。

錦糸町パルコ。

旧リヴィン、錦糸町パルコに-105店舗が出店

パルコが出店する東京楽天地ビルはJR錦糸町駅南口に立地。
建物は地下2階、地上9階建てで、売場面積は24,725㎡。東京楽天地が所有する。
当地は昭和期に複数の映画館やキャバレー、温浴施設などを擁する一大娯楽施設「江東楽天地」として営業していたが、再開発により1986年11月に西友運営の百貨店「西友錦糸町西武店」を核とする商業施設に転換。のちに「西友リヴィン錦糸町店」に改名され、パルコ出店によるビル改装のため2017年10月に閉店していた。

「リヴィン錦糸町」時代。

館内には東京楽天地として映画館「楽天地シネマズ錦糸町」や温浴施設「天然温泉 楽天地スパ」などの娯楽施設が営業しており、かつて江東地区を代表する“遊び場”として栄えた歴史を伺わせる施設となっている。

東京楽天地エントランス。

パルコが出店するのは東京楽天地の1階から7階。
キャッチフレーズは「変わる、はじまり。」で、105テナントが出店。周辺3キロエリアを主な商圏とし、都心に通勤する女性のためにコスメ・美容関連ショップを全フロアに出店させることが特徴だ。
なお、パルコカード所持者は3月15日のプレオープンに入店することができる。


無印、タワーレコードは旗艦店級-地階は西友に

エントランスとなる1階には飲食街「すみだフードホール」を開設。墨田区初出店の飲食店も多く出店する。
4階にはリヴィン時代から出店していた「無印良品」が再出店する。
同店は4階のワンフロア全体に出店。売場面積約3,300㎡の旗艦店級となり、カフェ併設型店舗となる。
5階には2018年2月に閉店した「タワーレコード錦糸町店」(旧店は錦糸町オリナス)が復活する。
新店舗の名称は「タワーレコード錦糸町パルコ店」。オリナスに出店していた旧店は毎週数多くのイベントが開催されており「アイドルイベントの聖地」としても知られていたが、新店舗でも約60坪のイベント専用スペースを設置。再びアイドルイベントの聖地を目指すという。なお、オープニングポスター・キービジュアルには元アイドルネッサンス所属で人気急上昇中の女子高生シンガーソングライター原田珠々華さんを起用する。キャッチフレースは原田珠々華さんの人気曲に因んだ「錦糸町にハジマリのオトが鳴る!」。3月16日の開店当日には開店記念イベントとして原田さんのライブが開催される。

オープニングポスター(原田珠々華さんツイッターより)。

このほか「ロフト」、「チュチュアンナ」、郵便局やクリニックなども出店する。
また、パルコの館外となる地階には2018年9月6日に「西友錦糸町店」が再出店している。西友の売場面積は2,544㎡で、24時間営業となっている。

錦糸町パルコは大丸松坂屋傘下となって2店目の都内大型店となる。同社にとっては珍しい「小商圏型の大型店」だけに、その経営手法が注目される。

錦糸町パルコ

住所:東京都墨田区江東橋四丁目27番14号 東京楽天地
営業時間:10時~21時(パルコ)
飲食街は11時~23時、西友は24時間営業

外部リンク:錦糸町PARCO
関連記事:丸井錦糸町店に有料の休憩スペース「コインスペース」、2018年2月28日開設

関連記事:タワーレコード錦糸町店、2月12日閉店-「イベントの聖地」もついに陥落
関連記事:錦糸町マルイに食品売場「ジャパンミート」、6月28日開店
関連記事:錦糸町パルコ(仮称)、2018年秋ごろ開店-西友リヴィン錦糸町(旧・西武)は2017年10月9日閉店へ

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加