JR横浜タワー、2020年6月18日から順次開業-ニュウマン横浜・シァル・Tジョイが進出

JR東日本などが建設している新しいJR横浜駅ビル「JR横浜タワー」が、2020年6月にグランドオープンした。
追記:JR横浜タワー「シァル(CIAL)横浜」は6月18日から、ニュウマンは6月24日から順次企業。JR横浜鶴屋町ビル「シァル横浜アネックス」は6月27日から順次開業する。
開業直後は一部で「予約制入館」とする。


開業を迎えたJR横浜タワー。

横浜駅ビル「CIAL」建替え、26階建て巨大駅ビルに

JR横浜タワー」は2011年3月に一旦閉館した「横浜ステーシヨンビル」(シァル横浜)跡地に建設が進められていた新しい駅ビル。新型コロナウイルスの感染拡大のため、グランドオープンが延期されていた。

JR横浜タワー・鶴屋町ビルの位置図。開業日は延期。

建物は地上26階、地下3階建てで、延床面積は約98,000㎡。
地下3階から地下1階まではJR東日本、崎陽軒、相鉄などが出資する「横浜ステーシヨンビル」運営の「シァル横浜CIAL)」、
1階から10階はJR東日本グループで駅ビルを手掛ける「ルミネ」運営の商業施設「ニュウマン横浜NEWoMan)」、8階から10階の一部は東映グループの「ティ・ジョイ」が運営するシネコン「T・ジョイ横浜」、11階は機械室、12階から26階はオフィスとなる。

2館の断面図。


開業当日・吹抜けのアトリウム。多くの人が来館した。

隣接地に「JR横浜鶴屋町ビル」、6月5日開業

JR横浜タワーと連絡デッキで接続される「JR横浜鶴屋町ビル」は6月5日にグランドオープンする。
建物は地上9階建てで、延床面積は約31,500㎡。
1階から3階は「シァル横浜アネックス」、2階から3階の一部はJR東日本グループのスポーツクラブ「ジェクサー・フィットネス&スパ」、3階から9階はJR東日本グループの「ホテルメッツ」「JR横浜パーキング」で構成される。

2館はデッキで接続される。

両ビルの完成に合わせJR横浜タワーを中心とした動線を整備し、観光案内所、防災センターなども整備される。

歩行動線の整備がおこなわれる。


2館概要。


相鉄ジョイナスなどとも連絡される。
鏡面ガラスに映る高層ビルが「JR横浜タワー」。

CIAL「食の専門店の集積」としてフードホールなど整備

地下部分に復活する「シァル横浜」には61店舗が出店。
コンセプトは「Pivot My Life~お客さまのおいしいと楽しいをひらく」。「食の専門店の集積」として食の楽しさを通じた豊かなライフスタイルを提案。単に買物をするという機能だけではなく、この場所を軸足・回遊起点とし、様々な方向に人々が行き交う「横浜の玄関口」であり「横浜駅にひらく扇の要(Pivot)」のような存在を目指すとしている。
地下1階にはベーカリー、スイーツ、グロサリー店などが出店。
日本初出店となる米国のベーカリー「トムキャット」(山崎製パングループ)、崎陽軒の新業態スイーツ専門店「HB Style KIYOKEN」も出店する。
地下2階は生鮮・デリカ売場となり「ニュー・クイック」を核テナントに「重慶飯店」「つばめグリル」などが出店。
地下3階はフードホール「バル&キッチン ハマチカ」となる。

フードホール「ハマチカ」。

また、JR横浜鶴屋町ビルに設けられる「シァル横浜アネックス」にはスーパーマーケット「文化堂」、酒「三河屋」などが出店する。

CIAL横浜ANNEXが核となる鶴屋町ビル。

NEWoManの2号店、10フロア・116店の巨大店舗に

ニュウマン横浜」には116店舗が出店。建築家・田根剛氏が環境デザインをおこなった。
開発コンセプトは「STORY・・・ING」。「新時代を自由に生きるヒトとともにSTORY(=物語)をクリエイションし続ける場所」として、感性を刺激する場所を提供していくとしている。

吹き抜けのアトリウム。

低層階には「グッチ」「ティファニー」「バーバリー」「バレンシアガ」「ボッテガウェネタ」「マーガレットハウエル」「KASHIYAMA(オンワード)」など、ラグジュアリーブランドや有名ショップが出店。「ポロ・ラルフ・ローレン」はカフェ「ラルフズコーヒー(Ralph’s coffee)」併設業態となる。

2階イメージ。

そのほか雑貨・アパレル・雑貨「無印良品」、雑貨「THE SHOP」、アウトドアアパレル「スノーピーク」、筆記具「LAMY」、ネクタイ「ジラフ」、コンタクトレンズ「アイシティ」、化粧品「@cosme」「北麓草水」「POLA」「ALBION」などが出店。6階にはニュウマン初の自主編集売場「ニーヨンイチロクマーケット」が設けられる。
8階から10階は飲食街となるほか、1階に「ブルーボトルコーヒー」、2階に「トラヤカフェ・あんスタンド」、3階に「ザ・シティ・ベーカリー」、4階に「鹿角巷(ジ・アレイ)」など、ほぼ各階に各国のカフェが出店することも特徴となる。
また、館内にはポップアップショップスペース「NEWoMan Lab.」が5ヶ所設けられる。ここでは「新しい出合いを提供する場」として最新情報やトレンドの発信、季節感の演出、商品の価値や作り手の想いを体感できるイベント、ARTの展示・商品の販売などがおこなわれる。

屋上・うみぞらデッキ。

館内には4階までの吹き抜けが設けられ、2階にはイベントがおこなえるライブステージや観光案内所が、12階には横浜ベイブリッジなどが一望できる屋上テラス「うみそらデッキ」が整備される。
(パース画などは公式サイト・リリースより)
(一部撮影:GORONEXさん

JR横浜タワー

住所:神奈川県横浜市西区南幸1丁目1-1
暫定営業時間:平日11:00~20:00/土日祝11:00~19:00
(飲食街は22時まで)

JR横浜鶴屋町ビル

住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目66-9

関連記事:相模鉄道・西谷駅-羽沢横浜国大駅、2019年11月30日開通-相鉄初の「都内乗入」、2022年度に新横浜まで延伸へ
関連記事:アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉、2019年9月20日開業-国内最大のビジネスホテル、万国橋ビル跡に
関連記事:ハマプラザビル、2019年中に閉館へ-アニメイト横浜はビブレに移転
関連記事:ダイエー横浜西口店、2019年2月閉店へ-「サンコー」から51年の歴史に幕
関連記事:「横浜ユナイテッドアリーナ」「横浜武道館」、2024年までに開業へ-横浜文化体育館など建て替えで
関連記事:旧・横浜ブリッツ北側に「みなとみらい最大」大型オフィス着工-清水建設、2020年2月完成めざす
関連記事:みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級
関連記事:JR新宿ミライナタワー・ニュウマン、2016年3月25日開業-新宿駅新南口、全館オープンは4月15日

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加