業務スーパー小樽店、2020年2月27日開店-いなきたビルの札幌フードセンター跡、3月16日にはSeriaも開店

北海道小樽市稲穂にある稲北地区第一種市街地再開発ビル「いなきたビル」地下1階に、G-7ホールディングスの生鮮食品ディスカウント「業務スーパー小樽店」が2020年2月27日に開店する。

いなきたビル。

小樽駅近くの再開発ビル、テナント撤退が相次いでいた

いなきたビルはJR小樽駅付近で行われた「小樽市稲北地区第一種市街地再開発事業」の一環として1999年に開業。建物は地上11階建、売場面積は2,963㎡、延床面積は24,147㎡。
開業当初は、低層階にイオン系の食品スーパー「札幌フードセンター小樽店」、イオン系のドラッグストア「ツルハドラッグ稲穂店」、CCCの複合書店「TSUTAYA小樽店」など大型専門店が入居。高層階には「小樽市営団地稲穂北住宅」「小樽市いなきたコミュニティセンター」など市関連施設が入居していたが、2019年1月31日をもって低層階の「フードセンター」「Kid’s US.LAND」が閉店。同年2月以降、TSUTAYAと美容院のみ営業を継続していた。


いなきたビル、1年ぶりに食品・日用品販売店復活

業務スーパー小樽店は、G-7HD傘下のG-7スーパーマートが運営する。同社の店舗は北海道9店舗目、小樽市初となる。
同店では、青果・精肉など生鮮食品に加え、神戸物産が製造・販売を手掛ける低価格PB商品を展開する。
いなきたビルでは2020年3月16日に、100円ショップ「Seria小樽いなきた店」も開店を予定しており、1年ぶりにフードセンターの後継店舗となる食品・日用品販売店が復活することとなった。

業務スーパー小樽店

住所:北海道小樽市稲穂5丁目10-1 

関連記事:札幌フードセンター小樽店、2019年1月31日閉店-いなきた再開発ビルの核店舗

 

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加