トート阪急洛西口、2020年1月29日第2期開業-フレスコ核の商業施設に

京都府向日市の阪急洛西口駅高架下商業施設「TauT阪急洛西口(トート阪急洛西口)」が2020年1月29日に第2期開業する。

TauT阪急洛西口。

2018年に第1期開業した「トート阪急洛西口」

TauT阪急洛西口は、阪急京都線(洛西口駅付近)連続立体交差化事業(鉄道高架化)の一環として2018年10月に第1期開業。建物は地上1階建、敷地面積は約11,200㎡、総延長約1km(阪急洛西口駅-桂駅)。

「TauT阪急洛西口」ロゴマーク。

開発コンセプトに「行きたい 住みたい KYOTO 洛西口 ~ヒトとヒトをつなぐ エキはマチの縁側(えんがわ)~」を掲げ、物販・サービス系テナントとして、自転車専門店「サイクルベースあさひ」の体験型アクティビティストアや貸自転車「阪急レンタサイクル」、プログラミング教室「プログラボ」などの店舗が出店。
飲食系テナントとして、京都出身のラジオDJ・しもぐち☆雅充氏と料理研究家・川上晶也氏が手掛ける「おとな食堂京都」や長岡京市の天然酵母パンショップ「BAKEHOUSE Mère」、城陽市のラーメン店「京都 麺屋たけ井」、暮らしのスタイルを提案するコミュニティカフェ「巣箱」など、京都・滋賀・大阪発祥の店舗が出店している。

京都地盤の「フレスコ」など生活密着型店舗が新規出店

TauT阪急洛西口第2期エリアの建物は地上1階建、敷地面積は約1,933㎡、延床面積は約697㎡。
京都地盤の地場大手食品スーパー「フレスコ洛西口店」を核に、学習塾「スクールIE」、動物クリニック「エイトアニマルクリニック」の3店舗が新規出店する。

TauT阪急洛西口。

TauT阪急洛西口周辺は、キリンビール京都工場跡地再開発の商業核として2014年10月に「イオンモール京都桂川」が開業して以来、大規模分譲マンションの建設が相次ぐなど、急速に開発が進む地域である。その一方、現在に至るまでイオンモール内の「イオンスタイル京都桂川」と生鮮食品ディスカウント「新鮮激安市場!」(2015年開店)の2店舗しかスーパーが存在せず、コンビニも極めて少ない状況にあった。
TauT阪急洛西口は、2020年末を目処に全面開業(第3期開業)を予定しており、手軽に買物可能な食品スーパー(フレスコ)と同様、駅利用者や地域住民の生活利便性向上に繋がる専門店が新規出店するものとみられる。

TauT阪急洛西口のテナント一覧(2020年1月29日時点)
  店舗名 業種
新規 フレスコ スーパーマーケット
新規 スクールIE 学習塾
新規 エイトアニマルクリニック 動物クリニック/トリミングサロン
既存 サイクルベースあさひ 自転車専門店
既存 プログラボ プログラミング教室
既存 阪急レンタサイクル レンタサイクル
既存 京都 麺屋たけ井 麺屋
既存 ひより 生パスタと自家製スイーツ 
既存 巣箱 カフェ
既存 銀の卵 粉もん専門店
既存 すいば 立ち飲み屋
既存 クリーニングぴいぷる クリーニング
既存 お酒とごはんキラボシ 酒場
既存 LatteArt Junkies RoastingShop(ラテアートジャンキーズロースティングショップ) ラテアート
既存 BAKEHOUSE Mère(ベークハウスメール) 天然酵母パン
TauT阪急洛西口第2期エリア(フレスコ洛西口店)

住所:京都府向日市寺戸町正田5-2ほか
営業時間:午前8時~午後10時(平日)
営業時間:午前9時~午後9時(土日祝)

関連記事:エピコット長岡、2019年7月28日閉店-旧・長岡サティ・ニックホビーショップ
関連記事:プラザ大手筋、2019年8月7日閉店-業務スーパーは7月28日に閉店、コマストアー・西友時代から50年の歴史に幕
関連記事:ダイエーグルメシティ九条東寺店、2018年12月31日閉店-50年の歴史に幕
関連記事:グランマークシティ東向日駅前、2018年4月完成-向日町サティ跡、ダイエー出店するも「ダイエー屋号なし」

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加