アスタラビスタ、祐徳バス傘下の「ユートク食品館」を2019年6月21日買収-一部店舗は閉店に

福岡県筑後地方地盤の総合スーパー「アスタラビスタ」は、祐徳自動車が運営する食品スーパー事業部「ユートク食品館」4店舗を2019年6月21日に買収した。

ユートク食品館。(佐賀県吉野ヶ里町)

アスタラビスタ初となる競合他社のM&A

アスタラビスタは1995年11月に、藺草(イグサ)販売メーカー「イケヒココーポレーション」傘下の総合スーパーとして福岡県大木町に創業。2019年現在、福岡県に11店舗、佐賀県に4店舗を展開する。
同社が運営する全店舗が総合スーパー業態もしくはスーパーセンター業態として営業しており、一部店舗では玩具、家電、呉服の取扱いも行われている。
アスタラビスタはスペイン語で「さようなら、また会おう」という意味で、映画「ターミネーター2」で話題となった言葉。

アスタラビスタ佐賀店。


ユートク食品館は1996年6月に、祐徳自動車流通事業部の「ホームセンターユートク久留米店」を業態転換する形で福岡県久留米市で創業。2019年現在、福岡県に1店舗、佐賀県に4店舗を展開するが、食品館のうち3店舗(牛津店・北方店・鳥栖店)は、ホームセンターユートクと隣接する立地であり、長らく共同での販促が実施されていた。

祐徳バスと祐徳稲荷。

ユートク食品館は7月下旬まで通常営業、北方店は閉店

祐徳自動車はユートク食品館を分社化し、アスタラビスタに売却する。アスタラビスタへの店舗引渡しは2019年7月下旬を予定しており、引渡し予定日までは「ユートク食品館」として通常営業が行われるが、近く店名も変更されるとみられる。
なお、今回譲渡対象店舗とならなかった「ユートク食品館北方店」は、今後閉鎖が予定されている。
祐徳自動車は「ホームセンターユートク」については店舗の積極的なスクラップ&ビルドに加えて近年は店舗のロゴマークも変更するなどのリニューアルを進めている。

関連記事:アクロスプラザ吉野ヶ里、2019年1月31日開業-サンプラザ跡、「万惣」佐賀県初出店
関連記事:佐賀駅近くに「Cygames佐賀ビル(仮称)」、2019年12月開設-創業者の出身地に自社ビル
関連記事:イオン上峰店(旧・サティ)、閉店後は上峰町に無償譲渡へ-2019年中に、活用方法は未定

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加