アクロスプラザ吉野ヶ里、2019年1月31日開業-サンプラザ跡、「万惣」佐賀県初出店

佐賀県吉野ヶ里町の自衛隊目達原駐屯地そばにあったショッピングセンター「サンプラザ」の跡地に、大和情報サービスのショッピングセンター「アクロスプラザ吉野ヶ里」が2019年1月31日に開業する。

アクロスプラザ吉野ヶ里・万惣アルゾ。

「サンプラザ」跡地に新ショッピングセンター誕生

アクロスプラザ吉野ヶ里の前身となる「サンプラザ」は、トーア紡グループ(東亜紡績)の東肥前商業開発により1979年3月開業。本館の売場面積は2,190㎡、ホームセンター棟の売場面積は1,494㎡。

サンプラザ。

旧・三田川町を代表する商業施設として、長らく地場スーパー「ハロー」(現・マックスバリュ九州)、「ユニード」(現・ダイエー)を核に、祐徳自動車系の「ホームセンターユートク」(1985年10月開店)、トーア紡系の「三田川サンプラザボウル」(サンボウル)など複数の専門店が営業していたが、競争激化により本館のボウリング場、別館のホームセンターが相次ぎ撤退。末期は規模を縮小し、本館の食品スーパー「ユートク食品館」(2004年12月開店)、ベビー服・ベビー用品店「西松屋」、飲食店、携帯ショップなどが営業をおこなっていたが、2017年10月に大部分が閉店した。

その後、建物を解体し、大和情報サービスが新たなショッピングセンターとして再開発することとなった。

解体中のサンプラザ。


「万惣アルゾ」は佐賀県初出店

アクロスプラザ吉野ヶ里の売場面積は3,155㎡。
万惣の佐賀1号店「万惣アルゾ吉野ヶ里店」を核に、100円ショップ「セリア」、ヘアサロン「ARTS@HAIR」、コインランドリー「ロイヤルウォッシュ」、整骨院「クミネ」が入居する。auショップはサンプラザ時代から再出店となる。
なお、ホームセンター棟跡には2014年にビジネスホテルの「ホテルAZ」が進出している。

アクロスプラザ吉野ヶ里・万惣alzoとSeria。

アクロスプラザ吉野ヶ里から僅か1.5kmほど久留米よりには「イオン上峰店」があるが、こちらは2019年2月に閉店予定であり、アクロスプラザはイオンの代替機能の一角を担うことにもなろう。
(なお、イオン向かいにはトライアルも立地する)

イオン上峰店からは自転車でも7分ほどの距離。

アクロスプラザ吉野ヶ里

住所:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田字八本柳785番1
営業時間:9:00~21:00(万惣)

関連記事:イオン上峰店(旧・サティ)、閉店後は上峰町に無償譲渡へ-2019年中に、活用方法は未定
関連記事:万惣アルゾ飯塚幸袋店、11月2日開店-広島の地場大手スーパー、九州で多店舗化めざす

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加