イオン尾道店、2019年春閉店-旧・尾道サティ、老朽化で建替え目指す

広島県尾道市のJR尾道駅北側にある総合スーパー「イオン尾道店」(旧・尾道サティ)が2019年春に閉店する。

イオン尾道店。

築39年で老朽化-建替え目指すも規模など未定

イオン尾道店は1979年5月に「ニチイ尾道店」として開店。1990年代にサティに改名、2011年にマイカルとイオンの合併により「イオン尾道店」となった。
売場面積は11,806㎡で、売場は1階から2階まで。建物は岡山市の不動産会社「平田興産」が所有する。テナントとしては、コムサ、メガネの三城、キャンドゥ、カーブスなどが出店する。
イオンは建物の建て替え・再出店を検討しているが、新店舗の業態、規模などについては未定となっている。
徒歩圏には福屋百貨店、スーパードラッグひまわりがあるものの、スーパーマーケットは少し離れているため、早急な新装開店が望まれる。

外部リンク:イオン尾道店 | お買物情報やお得なチラシなど – イオンドットコム
関連記事:イズミ、セブンアイと業務提携でイトーヨーカドー福山店を「ゆめタウン」に-ヨーカドー、加古川以西から姿消す
関連記事:鞆鉄道、トモテツビルを解体へ-旧・ダイエー福山店
関連記事:JR尾道駅、建て替えへ-築125年の木造駅舎

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加