【熊本地震】サンリブ子飼・サンリブ健軍の再建、11月25日起工-小型の食品スーパーに

マルショク(大分市)は、地震で倒壊した総合スーパー「マルショク・サンリブ子飼」(熊本市中央区)、「マルショク・サンリブ健軍」(熊本市東区)跡地に建設する食品スーパーの起工式を11月25日に行った。IMG_6210-1
サンリブ健軍。

地震で全壊したマルショク、ようやく再建

サンリブ子飼、サンリブ健軍は4月16日の熊本地震本震で全壊。
これらが立地している子飼商店街、健軍商店街では、両店の倒壊・閉鎖後に客足が減っており、特にサンリブ子飼は熊本大学近くにおける唯一の大型スーパーであったため、早期の営業再建を求める声が多く上がっていた。
IMG_8265-のコピー
サンリブ子飼。

2店を運営するマルショクは、店舗が立地する商店街、取引業者などとともに被災企業の復旧費用の一部を国や県が補助する「熊本県中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業」に基づく「グループ補助金」の申請をおこなっており、今回の再建は補助金の目途が付いたために行われるものと考えられる。
なお、マルショクでは同じく全壊した「マルショク・サンリブ清水」(熊本市北区)についても、補助金の目途が着き次第再建したい考えだという。

再建は決まったものの小規模店に…

一方で、地元紙・熊本日日新聞の報道によると、子飼に建設される新店舗(2017年9月開店予定)の売場面積は約1,000㎡、健軍に建設される新店舗(2017年6月開店予定)の売場面積は約1,400㎡と、いずれも建替え前と比較すると4分の1~3分の1程度の売場面積で、小規模な食品スーパーになる見通しだという。
倒壊前の店舗は両店ともに3階建ての大型店で、多くのテナントも出店していたため、残念ながら以前よりもかなり不便になることは間違いない。
P1000418
以前の雰囲気とは大きく変わることに(サンリブ健軍)。

外部リンク:サンリブ・マルショクグループ
関連記事:関連記事:【熊本地震、主な営業休止商業施設の状況】 (随時更新)
関連記事:マルショク、熊本地震でサンリブ3店舗を解体-再開は未定 

関連記事:サンリブシティくまなん、8月27日に営業再開-子飼、健軍は建替えへ

【PR】【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル