【熊本地震】イオンモール熊本・専門店街、7月20日一部再開-西側は建替を検討

熊本県上益城郡嘉島町のイオンモール熊本・モール専門店街の一部が7月20日から営業再開した。

イオンモール熊本(被災前)。

熊本地震で大きな被害

「イオンモール熊本」は、経営破綻した寿屋の出店予定地を買収するかたちで2005年10月に「ダイヤモンドシティ・クレア」として開業。その後、2011年に「イオンモール熊本」に改称したものの、地元民からは現在も「クレア」の名前で親しまれている。
売場面積は51,936㎡で、イオン九州が運営する総合スーパー「イオン」を核に、シネマコンプレックス「イオンシネマ熊本」、約160の専門店街が入居するなど、熊本都市圏で最大のショッピングセンターとして営業していた。
しかし、4月14日・16日に発生した熊本地震の震源地(益城町)から非常に近い同店では、専門店街部分が「施設の液状化」「天井の崩落」などの深刻な被害を受けた。
4月20日にはイオン熊本店の食品売場を一部再開するなど、順次暫定的な営業再開を行ったものの、早期の全館再開は困難な状況となっていた。

東側(イオン側)専門店街の約90店舗が営業再開

7月20日に営業を再開したのは、地震による被害が比較的少なかった東側(イオン側)専門店街のテナントで、「蔦屋書店 嘉島」、「無印良品」、「島村楽器」、「ユニクロ」、「AZUL by moussy」、「GLOBAL WORK」など約90店舗。
また、西側専門店街でサブ核店舗として出店していた「スポーツオーソリティ」など17店舗が仮設店舗で再開するほか、グロサリーショップ(銘店)「久世福商店」が新規出店する。
P1030764-1
営業を再開するモール専門店街の東側部分。

イオン九州・直営部分も「生活提案型」に大規模改装

また、東側専門店の営業再開に合わせてイオン熊本店2階を「イオンスタイル熊本」に改装。
これまでイオンスタイルを導入した店舗では、専門性・地域性を兼ね備えた「生活提案型の売場」を展開してきたが、熊本店でも同様に高品質路線の婦人雑貨コーナー「MARCHE rouge」、紳士雑貨コーナー「MARCHE blanc」を導入。さらに自然木素材の知育玩具やキッズコスメなどを取り揃える「キッズワールド」も展開するなど、従来のイオン九州にはない上質な売場づくりを目指す。
なお、今回は1階食品売場へのイオンスタイル導入は見送られた。
aeonkuma
館内イメージ(イオンモール公式サイトより)。

西側専門店街・シネコンは閉鎖継続、将来的には建替検討

一方で、地震で大きな被害を受けた西側専門店街は依然として営業再開の見込みが立っていない。
西側にはファストファッション「ZARA」、太陽家具「AMBIENCE」、100円ショップ「Seria」など約60のテナントや「イオンシネマ熊本」が出店していたが、開業から10年以上経過していることもあり、施設の建替を含めた再生・大規模改装が検討されている。

ヘ テ ム ル

夏休み期間、特別セールや復興応援イベント実施

イオンモール熊本では、7月20日から「がんばろう熊本!営業再開セール」、28日以降は「DO MALL! FINAL CLEARANCE」を開催し、店内商品の割引やノベルティグッズの配布などを実施。
そのほか、熊本城おもてなし武将隊や天草わくわく海中水族館、阿蘇カドリー・ドミニオン、による地域密着型のイベント、県指定重要文化財「六嘉の獅子舞」特別公演なども開催し、地域の復興に花を添える。

外部リンク:イオンモール熊本公式ホームページ
外部リンク:熊本の皆さま、お待たせしました。「イオンモール熊本」7月20日(水)9:00営業再開します!
関連記事:【熊本地震、主な営業休止商業施設の状況】 (随時更新)
関連記事:マルショク、熊本地震でサンリブ3店舗を解体-再開は未定 
関連記事:イズミゆめタウン、熊本県に10億円を寄附-募金1330万円と合わせて
関連記事:鶴屋百貨店八代生活彩館が閉店-地震で倒壊の恐れ
関連記事:鶴屋百貨店、6月に全館営業再開へ
関連記事:イズミゆめタウン、11月までに全店営業再開へ
関連記事:南阿蘇鉄道、7月中にも一部運行再開へ
関連記事: カリーノ下通(寿屋)、6月10日全館再開-蔦屋書店、全面リニューアル

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル