img_0558

ららぽーと立川立飛、12月10日開業

立川市に建設中の商業施設「ららぽーと立川立飛」が12月10日にグランドオープンする。
20151008_01
ららぽーと立川立飛。
三井不動産ウェブサイトより引用)

ららぽーと立川立飛はタチヒゴルフ練習場跡(旧立川飛行機工場跡)に建設された大規模ショッピングセンター。
売場面積約60,000㎡、店舗数約250店の規模で、立川駅から2駅の多摩モノレール立飛駅に直結する。
事業主は立飛ホールディングス、運営は三井不動産。多摩地区初のららぽーととなる。
20151008_04
 立飛駅と直結される。(三井不動産ウェブサイトより引用)

ららぽーと立川立飛のコンセプトは「&Garden Tachikawa」。
西側に富士山を望む立地で、敷地内には芝生公園や樹木を多く配置したほか、吹き抜けにはシンボルツリーも設置。
買い物するだけの場ではなく、「音楽」「文化」「子育て」の3つをキーワードに、家族連れを中心とした幅広い世代で楽しめる商業施設を目指す。
img_0558
ららぽーと立川立飛・エントランス。

食品売場の核店舗は「いなげやブルーミングブルーミー」。
いなげやは立川が創業の地で、旗艦店と位置づけており、店舗面積は約2,200㎡、年商36億5000万円を見込んでいる。
地元鮮魚店や産直売場を導入したほか、30種類以上を取り揃えた惣菜バイキングも目玉の1つだ。inageyatatihi
いなげやブルーミングブルーミー ららぽーと立川立飛店。
(いなげやウェブサイトより引用)

同じく核店舗の1つである「東急ハンズ」は、新業態の鞄店「ピカロ」を導入。そのほか、大型テナントとしては「ユニクロ」、「GU」、「スポーツゼビオ」、「マツモトキヨシ」、「無印良品」、「宮地楽器」などが出店する。
更に、立川駅前に店舗を構える三越伊勢丹も「エムアイプラザ立川立飛」を出店。百貨店ならではの品揃えでギフト需要に応える。
卵料理専門店「ヒルトップレイチェルカフェ」や抹茶カフェ「神楽坂茶寮」、子供向け遊園地を備えたアミューズメントレストラン「キッズビー」など、個性的な店舗を数多く揃えたレストラン群も人気を呼びそうだ。

また、地元書店「オリオン書房」には、事業主の「立飛ホールディングス」が戦前の航空機メーカー「立川飛行機」を前身としていることから、ここにかつてあった航空機工場に因んで飛行機のモチーフも取り入れられている。
content_____-_1_
オリオン書房立川立飛店。喫茶店「本棚珈琲」も導入。
(オリオン書房ウェブサイトより引用)

一方で、立川駅前の「伊勢丹」、「髙島屋」、「グランデュオ百貨店」、「ルミネ」各店と立川市商店街振興組合連合会は、史上初となる共同大型イベントを実施するなど、対抗意識を強めている。

三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛 
東京都立川市泉町935-1
営業時間:10:00~21:00
(レストラン街は11:00~22:00)

外部リンク:ららぽーと立川立飛
外部リンク:いなげやbloomingbloomyららぽーと立川立飛店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル