十字屋山形店、1月31日閉店-全国最後の十字屋デパート

JR山形駅前にある百貨店「十字屋山形店」が2018年1月末で閉店する。

十字屋山形店。

JR山形駅前、全国最後の「十字屋」-耐震性不足で

十字屋は1923年に平塚市で設立。のちに百貨店に進出し、1982年にダイエーと業務提携した。一時は全国展開したものの、2005年までに山形店以外を閉店し、同年に同じダイエー傘下の百貨店「中合」(福島市)と経営統合された。
十字屋山形店は1971年7月に開店。売場面積は10,362㎡。建物は地上8階、地下1階建で、白蝶ビル株式会社が所有している。また、別棟として立体駐車場を備える。2015年の年商は約34億円。
十字屋山形店の建物は新築から46年が経過。山形市がおこなった改正耐震改修促進法による耐震判断の公表で「震度6強以上で倒壊する危険性が高い建物」とされており、耐震補強問題から閉店を決めたものと思われる。なお、十字屋立体駐車場についても耐震性が不足しているという。

山形駅前に立地する。

立駐も耐震不足…駅前一等地はどうなる?

十字屋山形店では、2017年より親会社のイオンの物流を使った商品の導入をおこなうとともに、外商機能の充実を図っていたが、経営改革半ばでの閉店となってしまった。

Amazonギフト券が当たる!! 【うきうきサマーキャンペーン】

跡地の活用方法などは決まっておらず、JR山形駅前の一等地だけに今後が注目される。

外部リンク:十字屋山形店
関連記事:西武百貨店船橋店・小田原店、2018年2月28日閉店
関連記事:丸井郡山店跡に「ダイワロイネットホテル郡山駅前」、2月16日開業-1~3階は商業施設に
関連記事:中合福島店二番館、8月31日閉館-旧・山田百貨店、築44年で老朽化
関連記事:山形セブンプラザ、再開発で解体へ-再開発に期待かける七日町

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加