SAKODAリバーウォーク北九州店、8月31日閉店-「リバオク」の核店舗、僅か5年で

福岡県北九州市小倉北区の複合商業施設「リバーウォーク北九州」地下1階に出店する九州大手の家具店「SAKODAホームファニシングス リバーウォーク北九州店」が8月31日に閉店する。

ダイエー跡の迫田、5年で撤退-後継店舗は未定

迫田は1948年鹿児島市で迫田タンス店として創業。現在は九州各地でインテリア性の高い家具・雑貨・輸入食品を販売する「SAKODAホームファニシングス」やアウトレット家具店を展開している。
「SAKODAホームファニシングス リバーウォーク北九州店」は都市型食品スーパー「ダイエーグルメシティ」、飲食店街「フードパオ」跡に2012年10月開店。売場面積は6,600㎡。
2009年の大塚家具小倉店閉店から約3年ぶりとなる市内中心部への大型家具専門店進出として注目を集めたが、リバーウォークの既存専門店との相乗効果を発揮できたとは言い難く、最近は買物客の姿もまばらであった。

リバーウォーク北九州。

 リバーウォーク北九州では2012年6月のダイエー撤退に伴い、施設の集客・賑わい創出ゾーンであった食物販専門店街「デリパティオ」「小倉五つ星ラーメン街」が連鎖的に閉店、集客力の低下を招いた。2016年7月には食物販の再強化を目指し、1階にスーパーマーケット「西鉄ストアレガネットキュート」を併設した「マルシェゾーン」を新設したが、郊外型ショッピングセンターや同じ小倉都心にある「チャチャタウン」との競合もありかつての勢いを失いつつある。

1階「マルシェゾーン」(福岡地所公式サイトより)。

リバーウォーク北九州の地階はダイエーが所有しており、早期の新たなテナントの誘致が期待される。

外部リンク:福岡県:リバーウォーク北九州店| SAKODAホームファニシングス
外部リンク:SAKODAリバーウォーク北九州店 5年間のご愛顧ありがとうございました!!
関連記事:グループ統合決めた「マルショク・サンリブグループ」-その将来像は
関連記事:ハローデイ徳力本店、7月6日開店-旧店舗建替え、テーマは「サーカス」
関連記事:イオン徳力店、8月31日閉店-旧ニチイ・徳力サティ
関連記事:JR折尾駅、1月2日より鹿児島線を新ホームに-高架化進む折尾駅、”日本最古の立体交差”見納めに
関連記事:リバーウォーク北九州、大規模改装7月14日完了

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加