IDC大塚家具、橘百貨店に9月2日開店-大塚家具、地方での販路拡大へ

高級家具店「IDC大塚家具」(本社:江東区、本店:新宿区)は、宮崎市中心部の百貨店「ボンベルタ橘」(橘百貨店)に「IDC OTSUKA ボンベルタ橘」を9月2日に開店させる。

橘百貨店。

大塚家具、九州南部初出店

大塚家具が出店するのはボンベルタ橘東館5階。売場面積は約575㎡。
売場では、「上質な暮らし」をテーマに、イタリア、ドイツのラグジュアリーブランドや飛騨、秋田など日本を代表する家具産地のブランドなど、人気商品を中心にリビング、ダイニング、ベッドルームなどの家具全般、照明、敷物、寝装品、インテリアアクセサリーなどを展示、販売するとしている。

地方進出開始の大塚家具、今後も展開増えるか

大塚家具はこれまで首都圏周辺に加えてそのほかの大都市圏や政令指定都市のみに出店してきたが、2017年3月には伊予鉄髙島屋(松山市)の南館に四国初出店を果たしている。

伊予鉄高島屋。

かつて、大塚家具は2004年にうすい百貨店(郡山市、三越と業務資本提携)に出店、地方百貨店初出店となったものの、僅か5年で閉店したという過去がある(跡地にはジュンク堂書店が出店)。
その一方で、高級家具店はニトリ、ナフコなどのカジュアル家具店、ロフト、無印良品などの大型雑貨店に押されて先行きが不透明になっており、大塚家具でも業績の悪化が報じられている。
地方百貨店では郊外店との競争に苦しみ、売場を埋めることが難しい店舗も少なくなく、大塚家具のような「百貨店らしい」大型専門店を求める声は大きい。
新たな販路の開拓が喫緊の課題となっている大塚家具。今後も地方百貨店への出店を加速させるのかどうか注目される。

外部リンク:大塚家具 宮崎に初出店 9月2日(土)より「ボンベルタ橘」での販売を開始
関連記事:グループ統合決めた「マルショク・サンリブグループ」-その将来像は
関連記事:匠大塚、西武百貨店春日部店跡に旗艦店-6月29日開店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加