東急ハンズ三宮店、2020年12月閉店-神戸・生田神社前のハンズ、32年の歴史に幕

神戸市中央区の生田神社前(参道)にある大型雑貨店・都市型ホームセンター「東急ハンズ三宮店」が、2020年12月下旬に閉店する。

関西のハンズ旗艦店だった三宮店

東急ハンズ三宮店は1988年3月に「エムワンスクウェア」の核テナントとして開店。建物は地上6階・地下2階で店舗面積は5,777㎡。不動産会社「ミナックス」が所有する。

東急ハンズ三宮店。

同店は大阪の江坂店、心斎橋店(心斎橋パルコに移転予定)とともに永年に亘って関西の東急ハンズ旗艦店として営業してきた。
しかし、近年の東急ハンズは大型商業ビルのテナントに雑貨店として出店することが多く、古いタイプの三宮店は使いづらかったと思われる。
兵庫県内では、東急ハンズは三宮店以外に姫路店、尼崎店を出店しているが、いずれもテナント型店舗であり、また三宮店より店舗面積が狭く雑貨中心の業態となっている。
東急ハンズ閉店後の建物の入居者などについては8月現在発表されていない。

関連記事:大丸心斎橋店北館、核テナントとして「心斎橋パルコ」「東急ハンズ」「イオンシネマ」など出店-旧・そごう、2020年秋リニューアル開業
関連記事:神戸阪急・高槻阪急、2019年10月5日開店-そごう神戸店・西武高槻店は9月30日閉店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加