ベルシュカ名古屋店・GAP名古屋栄店、2020年8月閉店-松坂屋前のファストファッション旗艦店、相次ぎ撤退

愛知県名古屋市栄の大津通沿い、松坂屋前にあるファストファッションブランドの名古屋旗艦店「ベルシュカ名古屋店」「GAP名古屋栄店」が、2020年8月に相次ぎ閉店する。

手前からベルシュカ、GAP。

栄のベルシュカ・GAP、8月中に相次ぎ閉店

ベルシュカ名古屋店は2013年に開店。スペインのアパレル「インディテックス」が運営するファストファッションブランド・ベルシュカの旗艦店であった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により8月17日での閉店を発表した。
GAP名古屋栄店は米国のファストファッションブランド・GAPの旗艦店で売場は3フロア。メンズ・レディーズ・キッズのフルラインで展開されていた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により8月30日での閉店を発表した。
なお、GAPは8月30日に星が丘駅・三越となりの商業施設にある「GAP星が丘テラス店」も閉店させることを発表している。

星が丘テラスのGAP。

コロナ禍のなか郊外化する名古屋のファストファッション

両ファストファッションはともに栄への出店後に相次いで郊外型ショッピングセンターに進出。2020年現在、GAPは「イオンモール名古屋ドーム前」「イオンモール名古屋みなと」「イオンmozoワンダーシティ」に、ベルシュカは「イオンモール大高」「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に出店している。
栄のファストファッション店は、新型コロナウイルスの感染拡大によって「都心地域」が避けられるなか、相次いで郊外へと拠点を移すこととなった。

関連記事:名古屋ブルーノート、2020年8月15日閉館-世界的ライブハウスの支店、新型コロナ影響で
関連記事:イセタンハウス、2020年8月31日閉店-大名古屋ビルヂングの伊勢丹、僅か4年で

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加