名古屋ブルーノート、2020年8月15日閉館-世界的ライブハウスの支店、新型コロナ影響で

愛知県名古屋市中区錦にある大手ライブハウス「ブルーノート」の支店「名古屋ブルーノート」が、2020年8月15日に閉館する。

名古屋ブルーノート。

サカエの有名ライブハウス、新型コロナで閉館

名古屋ブルーノートは2002年11月にニューヨークのジャズクラブ「ブルーノート」のフランチャイズ店舗として開業。ジャズのみならず様々なアーティストの公演がおこなわれていた。
しかし、新型コロナウイルス感染拡大のため3月より休業、7月3日に一旦営業再開したものの、14日に再び休業していた。
名古屋ブルーノートの運営会社である株式会社ミュージックベンチャーズは存続するといい、今後はメンバーズクラブ会員の年会費、各種チケットなどの返金をおこなうとしている。
同館の閉店により、ライブハウス・ブルーノートの国内店舗は港区南青山の「ブルーノート東京」のみとなる。

関連記事:イセタンハウス、2020年8月31日閉店-大名古屋ビルヂングの伊勢丹、僅か4年で
関連記事:ジュンク堂書店ロフト名古屋店、2020年2月29日閉店-同社栄地区1号店、ナディアパークから撤退
関連記事:ヨリマチFUSHIMI、2019年12月11日開業-名古屋市営地下鉄に初の「エキナカ商業施設」

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加