ミスタードーナツ箕面ショップ、2020年1月27日リニューアル-ミスド1号店、創業50周年を記念した店舗に

大阪府箕面市の阪急箕面駅近くに立地する「ミスタードーナツ箕面ショップ(0001)」が、日本における「ミスタードーナツ創業の日」に合わせて、2020年1月27日午前10時にリニューアルオープンする。

ミスタードーナツ箕面ショップ(リニューアル後の店舗)。

日本にドーナツ文化を普及させた「ミスタードーナツ」

ミスタードーナツは、1970年に清掃業大手「ダスキン」創業者の鈴木清一氏が米国ミスタードーナツと事業提携契約を締結、1971年に大阪府箕面市の総合スーパー「ダイエー箕面店」(2001年5月閉店)敷地内に1号店を開店し日本市場に進出。2020年現在もダスキン(ミスタードーナツ事業本部)が事業展開を行っている。
同社は1992年に雲呑麺・点心など中華メニュー「ミスター飲茶」を取扱開始、2003年には新食感ドーナツ「ポン・デ・リング」を販売開始するなど、日本独自の商品展開や営業施策を積極的に推し進めることで、ドーナツの普及に大きな役割を果たし業界最大手となった。
2019年3月時点の店舗数は日本国内1,007拠点、台湾・東南アジア6,191拠点。(店舗はダスキン管轄エリアのみ、米国ミスドはダンキンドーナツに転換)

ミスタードーナツ箕面ショップ(初代店舗、ダイエー箕面店)。

創業50年を記念して創業当時の店舗デザインを再現

現在のミスタードーナツ箕面ショップは、2004年2月にダイエー箕面店跡地再開発の一環として建設されたマンションの1階に開店。
再開店以来、ミスド1号店として「0001」の銘板や旧店舗時代の写真を展示するなど、ミスドファンの聖地となっている。また、2016年6月にはストロベリーコーンズとの業務提携により「ナポリの窯」ブランドのピザを取扱開始、ドーナツの宅配にも対応する新業態に転換していた。
今回の改装は、ダスキンによる「ミスタードーナツ事業創業50周年」を記念したもので、店舗デザインを創業当時の店舗をイメージした「」「オレンジ」を基調とした仕様に変更、店舗限定商品として創業当時のメニュー11品目を数量限定で展開する。
(改装当日は60個限定、販売個数は日毎に異なる)

ホームカット(税抜110円)。

ミスタードーナツ箕面ショップ

住所:大阪府箕面市箕面6丁目1番30
営業時間:午前9時~午後9時
※1月27日のみ午前10時~午後9時

関連記事:ベン&ジェリーズららぽーと豊洲店、2020年1月13日閉店-ユニリーバの高級アイス、カップアイス含め日本から撤退
関連記事:シアトルズベストコーヒー、国内の大半がJR九州系に-2019年4月に首都圏から関西の店舗の3割取得
関連記事:ミスド、定番商品を値下げし「毎日おいしいプライス」に-新業態「ミスタードーナツ・トゥーゴー」も展開へ

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加