淡島ホテル、2019年12月20日破産手続開始-沼津の大型リゾートホテル、新会社が営業継続へ

静岡県沼津市内浦にある大型リゾートホテル「淡島ホテル」の運営会社(旧)が、2019年12月20日に沼津地裁から破産開始決定手続きを受けた。

淡島ホテル(公式サイトより)。

バブル期に計画された高級リゾートホテル

淡島ホテルはバブル期に計画されたもので、1991年に開業。地上7階塔屋1階・延床面積12,628㎡で、客室数は60、結婚式場やプールなども備える。
2016年にはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」においてシャイニーな高級ホテル「ホテルオハラ」として登場し、各種コラボイベントなども開催されていた。

(ラブライブ!サンシャイン!!公式より)。

負債額は数百億円か

淡島ホテルは開業以来、永年に亘って長泉ガーデンなどとともに東京相和銀行(現:東京スター銀行)の会長であった長田庄一氏の一族が所有していたが、債務超過に陥り、2018年からはオーロラグループ(名古屋市)傘下「グッドリゾートグループ」の経営となり会員制ホテル(一般利用も可)「グッドリゾート淡島ホテル」として営業。2019年からは米国ウィンダムホテルのFCとなり「ウインダムグランド淡島」へ改称することを発表していた。また、グッドリゾートは12月以降、宿泊者などに対してホテル会員権の格安譲渡を謳うDMを配布していた。
地元メディアによると、破産手続きはホテル会員権を購入した債権者によって申し立てられたもの。負債額は数百億円にも及ぶという。

追記:ホテル自体は営業を継続

現在、淡島ホテルの経営権はグッドリゾートグループに移っているため、今後も営業を継続。
来年度からは予定通り「淡島ホテル」から「ウインダムグランド淡島」へと改称されるものとみられる。

関連記事:富士急百貨店沼津店、2019年12月に解体はじまる-11月18日に最後のテナント撤退で
関連記事:スルガ銀行、ノジマが筆頭株主に-2019年10月29日までに株式の約2割取得

関連記事:ららぽーと沼津、2019年10月4日開業-「ライブモール」コンセプトに「ラブライブ!」コラボも

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加