スルガ銀行、ノジマが筆頭株主に-2019年10月29日までに株式の約2割取得

首都圏を中心に展開する家電量販店「ノジマ」(本社:神奈川県横浜市、本店:神奈川県相模原市)は、2019年10月29日付で「スルガ銀行」(静岡県沼津市、旧社名・駿河銀行)の大株主である創業家とファミリー企業などから、13.52%(議決権比率)の株式を取得する契約を締結したことを2019年10月25日に発表した。

スルガ銀行東京支店(東京都中央区)。

ノジマはすでにスルガ銀行株を5パーセント保有しており、同行の筆頭株主となる。

ノジマ、スルガ銀行の約2割を取得

不動産審査書類の改竄といった不正融資などの相次ぐ不祥事により経営再建中であったスルガ銀行は、2019年5月にノジマ、そして新生銀行との業務提携を発表していた。

スルガ銀行沼津駅支店。


今回、ノジマは約141億円でスルガ銀行の創業家とファミリー企業「エス・ジー・インベストメント」などが保有する株式を取得。これまでの取得分と合わせて議決権比率で18.52%の株式を保有することになり、スルガ銀行の筆頭株主となる。

ノジマは首都圏の商業施設に多く出店する。

また、日本橋三越本店前にあり、マスメディアなどにしばしば登場することで知られるスルガ銀行東京支店の建物も売却される。現在、建物は創業家のファミリー企業が所有する。

売却されるスルガ銀行日本橋ビル。

今回の株式取得により、将来的にはノジマの金融業本格参入などといった協業も予想され、今後の展開が注目される。

関連記事:ららぽーと沼津、2019年10月4日開業-「ライブモール」コンセプトに「ラブライブ!」コラボも
関連記事:ローソン銀行、2018年秋開業へ-進む大手小売チェーンの「銀行化」

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加