久留米岩田屋、2019年11月29日リニューアル開業-高層階は専門店街「BJガーデン」に

福岡県久留米市の西鉄久留米駅に直結する百貨店「久留米岩田屋」(岩田屋久留米店)の改装リニューアルが2019年11月29日に完成し、6階・7階・8階は岩田屋が入居する「米城ビルディング」(べいじょうビル)が運営する専門店街「BJガーデン」(BJ garden)となる。

久留米岩田屋。

筑後唯一の大型百貨店となった久留米岩田屋

岩田屋久留米店(久留米岩田屋)は西鉄久留米駅東口に竣工した「米城ビル」(地上11階、地下1階)に1972年5月開業。ビル全体の店舗面積は16,849㎡。1983年8月に隣接する第三セクターの再開発ビル「千歳プラザ」(西鉄久留米駅東口再開発A棟、専門店街を含む売場面積6,002㎡、岩田屋部分は約5,000㎡)に新館を増床した。その後、岩田屋は経営再建により2005年より伊勢丹の子会社に、2010年に福岡三越と経営統合されて「岩田屋三越」の運営となっている。
現在、久留米岩田屋は福岡県において福岡市・北九州市の両政令指定都市以外に立地する唯一の大型百貨店となっている一方、売上の低下に歯止めがかからないため2018年に減床を発表。営業フロアを本館の地階~5階・9階・10階レストラン街までに順次縮小し、新館は2019年3月に閉館、本館の6階~8階は改装のため2019年夏までに一時閉館していた。

旧・久留米岩田屋新館。

ピークであった1993年度の年商は334億円、2018年度の年商は115億円となっている

ロクシタン、北野エースなど新規出店

久留米岩田屋は減床に合わせて2018年度末より改装を実施。百貨店部分には新館から一部店舗が移転したほか、新たにグロサリー「キタノエース」、化粧品「ロクシタン」、美容室「air」(12月18日開店)などが出店した。
これら下層階は9月4日までに大部分のリニューアルを終え、すでに営業を開始している。

地階、北野エースとキョーワズ珈琲。


1階、化粧品。


3階、新装した「POLOラルフローレン」「MIKIHOUSE」。

食品売場は1階の一部にも拡大されており「フードガーデン」と名付けられ、スイーツ店「光玉園×湯布院ジェラート専門店テラート」、文具店「かがし屋」が運営するベーカリー「428(ヨツバ)ベーカリー」などが新たに出店したほか、地階から「南国フルーツTOKIO」が、新館から「ユーハイム」などが移転した。

1階、フードガーデン・南国フルーツ。

また、6階・7階・8階までは専門店「BJガーデン」となり「アヴェニュー」「儀右ヱ門」「シンプルライフ」「バジエ」「詩仙堂」「マリークレス」「リリアン」「メゾピアノ」など、主に岩田屋店内に出店していたブランドが改めて出店することとなり「婦人服・洋品が8フロアにも亘って展開される」という状況は継続することとなる。
米城ビルは今回の改装に合わせてほぼ全館をLED化するなど、建物施設の全面刷新もおこなった。さらに、地元信販会社「モデルクレジット」と提携したクレジットカード「JCB BJ CARD」を発行し、カード所有者にはBJガーデンでの各種割引サービスが提供される。


「専門店街も百貨店ブランド」という異例の減床

売上が低下しつつある久留米岩田屋であったが、同規模の都市には殆ど出店していないロクシタンが新規出店するなど「百貨店としての充実」が図られることとなり、今回の改装はこの地で今後も末永く営業を続けたいという意気込みが見えるものとなった。

1階エントランスに出店した「ロクシタン」「428ベーカリー」。
地方でロクシタンが県庁所在地以外に出店することは珍しい。

また、米城ビルが直接管理することとなった「BJガーデン」のテナントの殆どは「百貨店ブランド」であり、以前と変わらない「百貨店らしい品揃え」が維持されることとなったほか、米城ビルは数年間をかけて屋上の公園化、トイレの洋式・ウォシュレット化、照明のLED化、耐震補強なども行なっている。
屋上「SORAIRO広場」。喫茶店も併設される。


屋上からの眺め。

一方で、駅ビルとの差別化も出来ると言えども新設された専門店街が新たな客層の取り込みに繋がるラインナップとはならなかったことは残念であるともいえ、また岩田屋とクレジットカードや駐車場割引のサービスが分離されるなど、利便性も低下することとなった。
今回のように百貨店の減床に伴い一部が専門店街化される事例は全国各地で見られる一方、専門店化されたとしても百貨店向けテナントが維持される事例は非常に珍しく、百貨店向けアパレル各社が店舗整理に取り組むなかで今後もこのラインナップを維持したまま営業を続けることができるのかどうかが注目される。

岩田屋の隣接地には2018年にドンキが出店。

久留米岩田屋/BJガーデン・フロア概要
11階/屋上 専門店 SORAIRO広場(遊具・ステージ)・喫茶
10階 岩田屋 レストラン街(11月現在1店のみ)
9階 岩田屋 催事場(11月末までBJガーデン仮店舗)
8階 専門店 婦人服・婦人雑貨・リビング
7階 専門店 婦人服・紳士服
6階 専門店 婦人服・紳士服
5階 岩田屋 婦人服・紳士服・宝飾・商品券・友の会など
4階 岩田屋 婦人服・寝具・タオル
3階 岩田屋 婦人服・紳士服・レザー・子供服など
2階 岩田屋 婦人雑貨・紳士雑貨・美容院・駅連絡通路
1階 岩田屋 化粧品・フードガーデン・案内所
地階 岩田屋 生鮮・銘菓・グロサリー(北野エース)

 

久留米岩田屋/BJガーデン(岩田屋三越岩田屋久留米店)

住所:福岡県久留米市天神町1-1
営業時間:10時~19時
(一部店舗除く・10階から屋上は17時まで)

関連記事:岩田屋久留米店新館、2019年3月21日閉店-本館「米城ビル」に売場集約
関連記事:ドン・キホーテ西鉄久留米店、2018年10月26日開店-西鉄久留米に久々の”新規大型店”
関連記事:井筒屋、コレット井筒屋・黒崎井筒屋・宇部井筒屋・飯塚井筒屋の4店を閉店-2019年5月までに
関連記事:久留米キムラヤ、2017年1月31日廃業-銀座・木村屋の暖簾分けベーカリー
関連記事:イオン上峰店、2019年2月28日閉店-旧・上峰サティ、かつての「地域一番店」

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加