ウオロク中央店、2019年8月31日閉店-ウオロク本店、57年の歴史に幕

新潟県新発田市のショッピング中町商店街にあるウオロク中央店が2019年8月31日午後6時をもって閉店する。
同店は新潟県の地場大手スーパー「ウオロク」(本社:新潟市)の本店(スーパーマーケット1号店)であった。

ウオロク中央店。

ウオロクの「スーパーマーケット1号店」閉店へ

ウオロクは江戸時代に中央店現店舗の西寄り近辺で魚屋として創業。
ウオロク中央店は同社のスーパーマーケット1号店として上町一番街に1962年11月に開店した。近くには新発田市役所もある繁華街だ。
しかし、現在の標準店舗と比べて店舗が非常に狭いうえに専用駐車場がなく、老朽化も進んでいることから閉店することになったとみられる。
ウオロク中央店閉店のお知らせ。


ウオロクがある新発田市中心部では、1989年にダイエーグループ(現:イオングループ)の総合スーパー「ダイエーカネダイ新発田店」とジャスコグループ(現:イオングループ)の百貨店「ハヤカワ新発田店」が相次ぎ閉店、1996年9月には駅前の「ジャスコ新発田店」が閉店したため、ウオロクは新発田市中心部で唯一のスーパーとなっていた。

ハヤカワ新発田店。

商店街には他にスーパーマーケットが所在しておらず、閉店に反対する署名活動も行われているという。

関連記事:イトーヨーカドー丸大新潟店、2019年7月12日リニューアル-家電量販店も出店
関連記事:ごちそう回転寿し栄助、2019年1月15日全店閉店-新潟の寿司チェーン、運営企業「創栄」破産で
関連記事:新潟三越、2020年の閉店後に売却へ-新潟市内の建設会社に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加