ローソン、ウーバーイーツを導入-2019年8月29日から11月末まで、都内一部直営店で

大手コンビニの「ローソン」(東京都品川区)は、オンライン出前サービス「Uber Eatsウーバーイーツ)」を利用した商品配達の実証実験を2019年8月29日から東京都内で開始する。

ローソン。


大手コンビニ初「ウーバーイーツ」-11月末まで実験

ウーバーイーツはアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市で2014年に開始されたオンラインフードデリバリー(出前)サービス。日本国内では2016年に開始。2019年現在は3大都市圏周辺と福岡市周辺で展開されている。
コンビニエンスストアがウーバーイーツに加盟するのは初のことで、取り扱い品目は弁当、おにぎり、「からあげクン」などの
フライドフーズ、日用品など約100品目となる。ウーバーイーツでの日用品取り扱いは日本で初となる。
当初は4店舗で開始、9月末までに都内直営店13店舗へ拡大し、まずは11月末まで実証実験をおこなうことになる。

8月29日から開始される店舗
  • ローソンゲートシティ大崎アトリウム
  • ローソン代々木八幡駅北
  • ローソン新宿靖国通
  • ローソン新宿若松町

関連記事:ローソン、ポプラとの合弁会社「ローソン山陰」を完全子会社化-「ポプ弁」山陰のローソンにも販売拡大
関連記事:ローソン銀行、2018年秋開業へ-進む大手小売チェーンの「銀行化」

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加