イオンタウン江刺、2019年11月開業-江刺ツインプラザに「イオンスタイル」核のショッピングセンター

岩手県奥州市江刺区のイオンタウンが運営するショッピングセンター「江刺ツインプラザ」に「イオンタウン江刺」が2019年11月に開業する。

イオンタウン江刺。

イオンタウン江刺、建替リニューアル前の2倍に増床

江刺ツインプラザは1994年10月に開店。建物は平屋建で総賃貸面積は約3,380㎡。
イオンの食品スーパー「マックスバリュ」の1号店、ホームセンター「DCMホーマック」を核に、ASBee、グルメドールなど複数の専門店が出店していたが、テナントの減少に伴い建物を段階的に解体、2019年2月1日以降建替えのため休業状態にある。2019年5月現在、DCMホーマック1店舗のみ営業を継続している。
マックスバリュ江刺店。(現在は解体)

イオンスタイルを核に20の専門店が新規出店

イオンタウン江刺は平屋建、総賃貸面積は約6,660㎡。
開発計画に「えさし ライフコミュニティ」、コンセプトに「町にあったら便利」を掲げ、食と衣料と便利をサポートする「イオンスタイル」を核に、飲食店、生活雑貨、美容室など約20の専門店が出店する。同社は新施設の開業により「地域の皆さまのライフスタイルニーズと生活利便サービスに対応し、地域コミュニティの活性化に貢献します」とコメントしている。


徒歩圏内に位置する「イオン」との棲み分けは?

イオングループは、イオンタウン江刺の東側500mほどの距離に食品スーパー「イオン江刺店」を出店している。
同店は1986年10月に流通大手「ニチイ」(後のマイカル)の総合スーパー「ニチイ江刺店」として開店、1996年8月に生活百貨店「江刺サティ」に業態転換したもの、マイカルの経営破綻により2002年8月をもって閉店。マイカルのスポンサーとなったイオンにより「イオン江刺ショッピングセンター」(ジャスコ江刺店)として2003年4月に再開業した異色の店舗であるが、近年は建物2階部分を閉鎖、食品スーパーに業態転換するなど規模を大幅縮小していた。

イオン江刺店。一部フロアのみで営業中。

イオン江刺店は築32年が経過しており、イオンタウン江刺の入居テナント次第では店舗の統廃合も想定される。

イオンタウン江刺

住所:岩手県奥州市江刺区八日町1丁目300他

関連記事:ジョイス水沢中央店、2019年2月24日閉店-メイプルの核、水沢駅前唯一の食品スーパー
関連記事:江刺ツインプラザ(イオンタウン江刺SC)、建て替えで2019年2月1日から休業-「マックスバリュ1号店」閉店
関連記事:マックスバリュ東北、イオンリテール東北カンパニーと2020年3月を目処に経営統合へ

関連記事:イオン「ウエルマート」全店舗、マックスバリュへの転換完了

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加