ブランチ大津京、2019年11月開業-「公園の中の商業施設」目指す

滋賀県大津市の大津びわこ競輪場跡地に、大和リースの複合商業施設「BRANCH大津京」(ブランチ大津京)が2019年11月に開業する。
BRANCH大津京。

大津びわこ競輪場跡地に滋賀県初となるブランチ開業

ブランチ大津京の建物は地上2階建2棟、平屋建6棟、延床面積は25,368㎡。
大津市が所有する「大津びわこ競輪場」(2011年3月閉鎖)の跡地を、官民協働事業(PPP)の一環として、大和ハウスグループの「大和リース」が公募型プロポーザルにより借り受け、定期借地方式(事業期間31年6ヶ月)により開発する。大和リースの商業施設ブランド「ブランチ」の出店は滋賀県初。
事業コンセプトに「公園の中の商業施設」を掲げ、地域コミュニティの形成、生涯スポーツの推進と健康支援、未来を担う子どもの教育支援、新規ビジネスと女性雇用の創出という4つのテーマを備えた施設づくりを行う。


核テナントは「マックスバリュ」

ブランチ大津京の核テナントはイオングループのスーパーマーケット「マックスバリュ大津京店(仮称)」。そのほか、登山・アウトドア用品店「モンベル」、BEACHTOWNが手掛けるアウトドアフィットネス施設「Community Park」などが出店する。
そのほか、飲食店や地域交流スペース、託児機能付きオフィススペースも導入される予定となっている。

BRANCH大津京

住所:滋賀県大津市二本松1番1号
営業時間:未定

関連記事:平和堂石山店、2018年8月19日閉店-築48年の平和堂4号店、跡地に新店舗建設へ
関連記事:Oh!Me大津テラス、2018年4月27日開業-「未完成」の船出、シャンゼリゼを意識した賑わいの場めざす

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加