ビックカメラ秋葉原店(仮称)、2017年6月開店-ソフマップ秋葉原本館を業態転換

ビックカメラは、傘下の「ソフマップ秋葉原本館」を、2017年6月ごろ家電量販店「ビックカメラ」に転換する。日本経済新聞が報じた。

ソフマップ秋葉原本館。

秋葉原の一等地にビックカメラ出店

ソフマップ秋葉原本館はソフマップ本店格の店舗として2007年9月に開店。売場面積は4,637㎡。
当初はヤマギワが出店するために建設された建物であったが、ヤマギワ(と提携していた石丸電気)の経営不振を受けて、ソフマップが出店することになった経緯がある。ソフマップは当時ビックカメラとの提携直後で、店舗網を整理・拡大していた。
秋葉原においては規模の大きな商業ビルの1つであるため、開店より10年に亘って秋葉原の顔の1つとして親しまれ、1~2階の窓には様々な人気アニメやゲームなどの大型ラッピング広告が掲出されることでも有名であった。

窓に掲出される大型ラッピングも名物だった。
渡辺曜さん誕生日おめでとうございます。  ヘテムル  

ビックカメラは秋葉原初出店。ソフマップよりも幅広い品揃えで顧客獲得を目指すとみられ、ライバルであるヨドバシカメラとの激しい商戦も予想されよう。
なお、ソフマップは、秋葉原本館以外にも秋葉原に複数の小型店を出店しており、そちらは今後も営業を続けると思われる。
(開店日などはプレスリリースがあり次第、更新する予定です)

外部リンク:ソフマップ
関連記事:ソフマップ梅田店・ソフマップ水戸駅店、1月31日閉店
関連記事:ラオックス秋葉原アソビットシティ、3月31日閉店-かつての「日本最大のホビー専門店」
関連記事:デリカマーケット福島屋秋葉原店、12月20日開店-秋葉原UDXにスーパー復活

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル