ジョイス仙台松森店、2月19日閉店-ジョイス、進出4年半で宮城県から撤退

流通大手「アークス」(札幌市)傘下でCGCグループに加盟する「ベルジョイス」(岩手県盛岡市)は、仙台市泉区松森の食品スーパー「ジョイス仙台松森店」を2月19日に閉店させる。
これにより、ジョイスは宮城県から完全撤退することになる。
JOISizumi
ジョイス仙台松森店。

ジョイス、宮城県から撤退-僅か4年半で

ジョイスは岩手県を中心に秋田、青森、宮城の4県に出店する食品スーパー。2012年よりアークスの完全子会社となり、2016年3月からは同じくアークス傘下の食品スーパー「ベルプラス」を吸収合併し、社名を「ベルジョイス」に改めた。
仙台松森店は宮城県初進出として2012年10月にオープン。売場面積は1,799㎡。
しかし、進出から僅か4年半で撤退することとなってしまった。

「岩手資本アピール」するも知名度不足響いたか

ジョイスでは、岩手県雫石町の「小岩井農場」ブランドの乳製品や、盛岡市民のソウルフードとも言われる「福田パン」の常設販売コーナーが設けられるなど、「岩手県のスーパーならでは」の品揃えを特徴としていた。
IMG_1585
店内に設けられた福田パンコーナー。

しかし、店舗周辺にはイオンのディスカウントストア「ザ・ビッグ仙台八乙女店」や、食品スーパー「みやぎ生協南光台店」、「ヤマザワ南光台店」など知名度の高いライバル店が多数存在し、「宮城唯一のジョイス」であった仙台松森店の知名度不足は否めず、結果として僅か4年半弱での撤退となってしまった。なお、宮城県内のアークス傘下のスーパーは「ジョイス」以外にも「ビッグハウス」、「ベルプラス」などがあり、今後は「ジョイス」としての出店が行われない可能性もある。
現時点では店舗跡の活用方法は決まっていないという。IMG_1589
ジョイスからほど近いザ・ビッグ仙台八乙女店。

外部リンク:ジョイス仙台松森店(ベルジョイス公式サイト)
関連記事:泉中央セルバテラス、11月11日開業-「食」中心の30店舗が集結
関連記事:西友仙台泉店、2016年9月閉店-スケート聖地も存続危機

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル