セブンアイ、H2O(阪急阪神)と業務資本提携へ-そごう神戸・そごう西神・高槻西武は経営譲渡

流通大手の「セブンアンドアイホールディングス」は、10月6日の半期決算発表で「エイチツーオーリテイリング」(H2O、阪急阪神グループ)と資本業務提携することを発表した。
hankyu2
阪急百貨店(うめだ本店)。

そごう神戸・そごう西神・高槻西武、閉店して経営譲渡へ

今回の業務資本提携により、セブンアイとエイチツーオーリテイリングはH2Oの株式の3%に相当する約57億円の株式を相互に持ち合うほか、阪急グループの影響力が強い地域にある「そごう神戸店」、「そごう西神店」、「西武百貨店高槻店」をそごう・西武としては一旦閉店させ、阪急阪神百貨店に経営譲渡する方針。
また、阪急阪神百貨店などで貯められる「Sポイント」を、関西圏のセブンイレブンの店舗でも使えるようにする。
seibu_takatsuki
西武百貨店高槻店。

セブンイレブン増で過去最高益も、純利益は激減

セブンアンドアイホールディングスの3~8月までの半期決算は、セブンイレブンの出店などにより連結営業利益は半期ベースで過去最高の1814億円(前年比5.2%増)。
その一方で、純利益は334億円と前年比60.4%減に留まった。

外部リンク:セブン&アイ・ホールディングス
外部リンク:そごう・西武
関連記事:そごう柏店、43年の歴史に幕-9月30日、西武百貨店旭川店も閉店
関連記事:そごう柏店、9月30日閉店-首都圏一等地、問われる経営判断
関連記事:筑波西武・八尾西武、2017年2月閉店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル