イオン戸塚店、2018年1月閉店-旧・ダイエー、建替えめざす

横浜市戸塚区のショッピングセンター「イオン戸塚店」(旧・ダイエー戸塚店)が、建物の老朽化により2018年1月末で閉店する。

イオン戸塚店。

個性的な外観が特徴のダイエー、建て替え目指す

イオン戸塚店はダイエー戸塚店(戸塚ショッパーズプラザ)として1972年3月に開業。売場面積は15,524㎡で、地上3階、地下1階建て。建物は長らくダイエーが所有していたが、現在は三井住友信託銀行が所有する。
戸塚駅から少し離れた国道1号線沿いに立地しており、開店当時は関東有数の規模の郊外型ショッピングセンターとして多くの集客を誇ったという。
2016年3月からはイオンリテールの運営となり、店名をイオン戸塚店に変更している。

イオン戸塚店の館内。

イオン戸塚店の閉店は老朽化によるもの。
閉店後に建物は解体され、2019年秋の開業を目指してイオングループの新たな商業施設が建設される予定となっている。
画像提供:昭和なスーパーめぐり

外部リンク:イオン戸塚店
関連記事:イオンモール川口、2018年9月までに閉館へ-旧グリーンシティ、建替えも視野か
関連記事:「横浜ユナイテッドアリーナ」「横浜武道館」、2024年までに開業へ-横浜文化体育館など建て替えで

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加