「横浜ユナイテッドアリーナ」「横浜武道館」、2024年までに開業へ-横浜文化体育館など建て替えで

JR関内駅南口にある「横浜文化体育館」と隣接する旧「横浜総合高校」の再整備PFI(民間資金活用による社会資本整備)事業をゼネコン準大手「フジタ」を代表企業とするグループが9月14日付けで落札し、跡地に「横浜ユナイテッドアリーナ」「横浜武道館」などを建設することを発表した。

横浜文化体育館。

「横浜文化体育館」建替え、フジタ・電通らが落札

横浜文化体育館は1962年に竣工。収容人数は2,229席で、アリーナ席を含めると約5,000人。
1964年の東京五輪ではバレーボールの競技会場となり、プロレスやボクシングなど格闘技大会の会場に使われる機会も多い。
その一方で、建物が2017年現在で築55年と老朽化していることから、横浜市は隣接する旧横浜総合高校跡地と合わせたPFI(民間資金活用)事業での建て替えを計画していた。

体育館と旧高校跡地を合わせた再整備事業に。

1回目の入札公告は2016年5月に行われたが、入札グループ辞退のため入札は中止に。今回2回目の入札ではフジタを代表に電通、大成建設などで構成されるグループが落札した。

「ユナイテッドアリーナ」と「横浜武道館」-ホテルなども

フジタによる再整備事業により、今後「横浜文化体育館」などは解体され、メインアリーナとサブアリーナ、そして各アリーナに隣接して民間収益施設2棟の計4棟が建設される。
フジタグループが提案した再整備のイメージ。

文化体育館の跡地に建設される地上3階建てのメインアリーナ「横浜ユナイテッドアリーナ(仮称)」は、スポーツやコンサート会場としての活用を想定。
隣接する地上7階建ての民間収益施設にはホテル、飲食店、店舗、駐車場を誘致し、2024年4月からの供用開始を見込む。体育館跡地のメインアリーナ「横浜ユナイテッドアリーナ(仮称)」。

横浜総合高校跡地に建設される地上4階建てのサブアリーナ「横浜武道館(仮称)」は、剣道や柔道、バレーボールなどの会場利用を想定。隣接する地上7階建ての民間収益施設には病院を誘致。こちらは2020年10月下旬の供用開始を見込む。高校跡地のサブアリーナ「横浜武道館(仮称)」。

フジタグループとの基本協定の締結は2017年10月に、本契約の締結は12月下旬に行われ、その後工事が開始されることになる。
横浜市では、今後同様にして旧「本牧市民プール」の再整備も行う方針だという。
※竣工後のイメージは横浜市公式サイトより。

ニュースリリース:横浜文化体育館再整備事業の落札者を決定しました! (横浜市公式サイト)
関連記事:みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級
関連記事:旧・横浜ブリッツ北側に大型オフィス着工-清水建設、2020年2月完成めざす
関連記事:セキチュー横浜みなとみらい店、8月13日閉店-アルカエフの核店舗、近く再開発へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Xmasカミングキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加