新・渋谷駅ビル、名称は「渋谷スクランブルスクエア」に-2019年度Ⅰ期完成予定

東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄の3社は、8月1日に渋谷駅に建設中の超高層ビル「渋谷駅街区開発計画Ⅰ期東棟(仮)」(渋谷駅ビル東棟)の施設名称を「渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」に決定し、オフィスおよび商業施設のリーシングを開始したことを発表した。

建設中の渋谷スクランブルスクエア。

新ランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」-新ロゴも発表

渋谷駅ビル東棟はヒカリエから明治通りを挟んだ向かい側に建設中の地上47階・地下7階建て・高さ230mの超高層ビルで、東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、東京地下鉄株式会社の3社が共同出資する「渋谷スクランブルスクエア株式会社」が運営。2019年度中の完成を目指して工事が進められている。
今回発表された「渋谷スクランブルスクエア」の名称には、多様な人々を渋谷の街に惹きつけ、混じり合うことにより、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージにしたいという想いが込められているというが、もちろんビル近くにある「スクランブル交差点」から着想を得たものであろう。
また、合わせて「」をモチーフにしたロゴマークも発表された。

ロゴマーク(ニュースリリースより)。

商業施設・オフィス、全館完成時には各7万㎡もの規模

渋谷スクランブルスクエアの館内は、下層階は商業施設、中層部は産業交流施設、高層部はオフィス、最上階は屋上庭園となる。
そのうち、商業施設は地下2階~地上14階。第Ⅰ期(東棟)部分の売場面積は約30,000㎡で、2027年度予定の第Ⅱ期(中央棟・西棟)完成時には合計で約70,000㎡もの規模となる。

商業施設の館内イメージ(ニュースリリースより)。

商業施設のコンセプトは「ASOVIVA」で、憧れやワクワク感を求めてさまざまな人々が集まり、「情報鮮度」「本物・本質」「共感・つながり」を具現化する、日本一楽しくて、ハレな「遊び場」を作るとしている。なお、下層階の一部には駅機能も設けられる。
また、オフィスは、総賃貸面積約73,000㎡で、基準階(最大約870坪)は渋谷最大級の広さを誇る。

全館完成時の構成(ニュースリリースより)。

最上階は高さ230メートルの「屋上庭園」

目玉施設であるビル最上階(48階)に設けられる予定の展望台は高さ230m、面積約3,000㎡。
渋谷スクランブル交差点やハチ公前広場を見下せるほか、晴れた日には富士山まで見渡すことができ、「渋谷の新名所」となりそうだ。
prl1507020208-p1
スクランブルスクエア屋上展望台イメージ(ニュースリリースより)。

prl1507020208-p1渋谷鳥瞰図
再開発全体の完成予想図(ニュースリリースより)。

外部リンク:渋谷駅街区開発計画の施設名称が「渋谷スクランブルスクエア」に決定 オフィス・商業施設のリーシングを開始
関連記事:新・渋谷駅ビル東棟に屋上展望台-2019年完成予定
関連記事:MEGAドン・キホーテ渋谷本店、5月12日開店-現・渋谷店は5月7日閉店
関連記事:「東急プラザ渋谷」跡、再開発起工-2019年度完成予定

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル