イオン東鷲宮店、2022年4月10日閉店-旧ダイエー、パルモール専門店街の一部テナントは営業継続

埼玉県久喜市のJR東鷲宮駅前にある総合スーパー「イオン東鷲宮店ダイエー東鷲宮店)」が、2022年4月10日に閉店する。

イオン東鷲宮店。

ダイエー東鷲宮店から36年の歴史に幕

イオン東鷲宮店は1986年4月に「ダイエー東鷲宮店」として開店。専門店街「パルモール」を併設する。
その後、イオンはダイエーの総合スーパー事業縮小に伴い2016年3月をもってイオンリテールに運営移管され、イオン東鷲宮店となった。売場は1階と2階、店舗面積は9,970㎡、そのうちイオン(イオン内テナント含む)が8,445㎡を占める。

イオン東鷲宮店・閉店告知。

テナントとしては100円ショップ「キャンドゥ」、フィットネス「カーブス」、ゲームセンター「こころっこ」等が出店する。

久喜市内に「イオンスタイル南栗橋」開業予定

イオン東鷲宮店の閉店理由は発表されていないものの、イオン東鷲宮店の5キロほど北東には2022年5月下旬ごろの開店をめざして「イオンスタイル南栗橋」が建設中となっている。

店内のようす。「専門店は営業を継続する」という告知が。

なお、パルモール専門店街の一部店舗などは営業を継続するとしているため、建物はそのままに今後新たなテナントを誘致する計画とみられる。

関連記事:あかやまJOY、2020年7月30日開業-イトーヨーカドー古河店跡、TAIRAYAは9月開店
関連記事:加須カタクラパーク・イトーヨーカドー加須店、2021年1月11日閉店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加